ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS最新口コミレポート!

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

今回紹介するのは、2018年2月にリニューアルされたポーラの美白ブランド「ホワイトショット」の美白美容液「ホワイトショットCXS」と「ホワイトショットSXS」。

ポーラのホワイトショットはこんなあなたにおすすめ!

  • 美白ケアをしていても効果がイマイチ感じられない
  • 年齢とともにくすみが気になりだした
  • 目立つシミをどうにかしたい
  • これ以上シミを増やしたくない

とホワイトショットの美白美容液はこんな肌悩みにぴったり。

ブランド誕生から20年に渡って進化し続けてきた「ホワイトショット」の美白美容液は、今回も業界初の理論を搭載してバージョンアップ。これまでにないアプローチで、冴えわたるような透明感のある肌に導いてくれます。

今回は、2種類の美白美容液「ホワイトショットCXS」と「ホワイトショットSXS」がどのように進化したのか、ポーラ研究所の新理論や詳しい成分について、また実際に使ってみた口コミレビュー、効果的な使い方まで徹底紹介しています。

リニューアル後の「ホワイトショットCXS」口コミ評判はどう?

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

リニューアルしてからもすでに好評のホワイトショット!投稿されている口コミを覗いてみても分かりました!

リニューアル前から使っていたけど今の方が効果があると思います。夜のお手入れで使ったら翌朝くすみがとれてすっきり。全体的に透明感も出てきたような気がします。

おしゃれな容器に惹かれて買いました。水みたいにパシャパシャしてるのに肌につけるとスッと入っていくのでびっくり。
安くはないのでちょっとケチって使ってますが、顔色が明るくなるし、朝起きた時に肌がクリアになってる気がします。

ホワイトショットCXの時代から愛用中。最初は夏場だけ使ってたけど違いを感じて最近は1年中必須アイテムです。
気に入っていたのでリニューアルして合わなかったらいやだなって思ってましたが、使い心地がさらに良くなってますね。
素早く浸透してくれてサラッとしてるのが気持ちいいです。

さらっとしてとても伸びがいいので結構コスパ高いかなって思いました。
肌馴染みがよくて、かなり軽い使用感。べたつくことなく肌にすっと入っていってる感じがします。翌朝肌の調子もいいし、手ごたえを感じているので使い続けるのが楽しみです。

口コミをもっと見る

リニューアル後の「ホワイトショットSXS」口コミ評判はどう?

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

気になる部分に直置きできて無駄がない!しかもクルクルとなじませるとピッタリ密着する感じ。全然べたつきがないのでメイク前でも問題なく使えます。
集中的にケアできてる安心感もあるし、少し肌に透明感が出てきたように思います。

チューブの出口が斜めにカットされていて使いやすいです。目の下にあるシミにすっとなじんでいくのでジワジワきいてくれそう。他の美容液にはない使用感が気に入っています。

こっくりした濃厚なクリームなのに肌に乗せると質感が変わりってスッとなじんでくれます。不思議なフィルムみたいに塗った所にフィット感があっていい感じ。美白系の商品てどうしても乾燥しがちになるけどホワイトショットSXSは保湿感もいい感じ。

気になるところに無駄なく塗れるのでコスパもいいと思います。アイクリームみたいなテクスチャーだけど肌に乗せるとみずみずしい感触。潤うのにべたつきがなくてつけ心地は快適。かさつきやすい目元のシミにもすーっとなじんでくれます。

ホワイトショットを購入する

ホワイトショットCXSとホワイトショットSXSを使ってみました

10代のころからスポーツで紫外線に当たることが多かったんですが、20代後半になったころからシミとなって顕著に表れるようなりました。

1度できると気にならなくなるまで1シーズンくらいかかってたんです。でも今思えば1シーズンかかってもちゃんとシミが消えていたんだ、と思うとやっぱり若かったからでしょうか?

30代になると「大人ニキビは命とり?」と思えるくらい跡がしっかり残るし、顔全体もくすみがち。どうにかしたいという想いで使ってみることにしました。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

・ホワイトショットCXSの口コミレビュー

まずは顔全体のくすみや普段の美白ケアに使える美容液「ホワイトショットCXS」。

目立つシミや濃いシミなどこの部位に集中して効かせたい!というような部分的な悩みがある人は「ホワイトショットSXS」とのライン使いがおすすめです。

《ホワイトショットCXSの基本的な使い方》
使う順番は、洗顔後ローションで肌を整えた後に使います。気になるシミやくすみなど部分的に使うこともできます。顔全体に使う場合は2プッシュ、部分使いなら1プッシュが使用量の目安。

 

スペシャルケアでホワイトショットのシートマスクを使う場合はマスクの後に使用します。

 

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

 

①顔全体または顔のシミ、そばかすが気になる部分に優しくなじませます。
②より浸透力を高めるために手のひらで温めてから顔全体を包み込むようにして密着させます。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

リニューアルされたホワイトショットCXS。

真っ白で丸みのあるスタイリッシュなデザインはそのままですが、ホワイトショットの文字の下に赤い点が。2018年に発売されたCXS、SXS、IXSの3つにパッケージには赤い点が入っているんだそうです。

この赤い点が象徴しているのは今回の研究コンセプトでも「発想の転換」。見る人やタイミングによって様々な解釈が生まれ想像が広がるように、赤い点を通して感性が刺激されるようなパッケージを目指してデザインされたものだそうです。

私の場合かなり現実的に、この赤の点はシミのイメージ。見るたびに消したい!と駆り立てられるような気分で手に取ってしまいます(笑)

箱を開けると、きちんと透明フィルムで密封されていて安心感があります。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

詳しい使い方は箱の中に記載されているので、ミシン目に沿って広げます。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

蓋の開けてみると、ポンプの下の部分の色が黒から白にリニューアルされています。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

数々のデザイン賞を受賞しているこの容器、丸みがあってシンプルなデザイン、プッシュ部分も愛らしいデザインで好みです。

ホワイトショットCXSの良いところはリフィル以外に、このポンプ部分だけでも購入できる、という所。

箱の内側を利用したり、リフィルや容器に至るまで、エコロジーな精神を感じますね。美容液ってメーカーによっても使う手順が違ったりするので、こんな風にステップ順に書いてあると分かりやすい。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

1プッシュ出してみました!

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

かなりみずみずしいテクスチャー。さっぱりタイプの化粧水のような感じかな?無香料、無着色なので香りや色がついていません。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

驚いたのはなじみの良さ。化粧水よりも早いスピードで肌に飲み込まれていくみたいなんです。

肌になじんだ後は表面がサラリとしてあまりの軽いつけ心地にびっくりしてしまいました。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

私は肌が乾燥しやすいのもあって、美白系の化粧品はあまり使ったことがなくて、とろみのある化粧水やしっとり系のスキンケアをしていたので、このつけ心地の軽さは驚き。

最初の2.3日は乾燥するんじゃないか、と気になる部分だけに使ってたんですが、肌に刺激を感じたり、つっぱるような乾燥を一切感じません。

肌なじみがものすごくよくてつけたのを忘れるくらいサラッとした使用感。瞬時にシミの元に届くような気がして毎日のスキンケアが楽しくなりました。

ホワイトショットCXSを購入する

・ホワイトショットSXSの口コミレビュー

ホワイトショットSXSも使ってみました。気になるシミをピンポイントで集中ケアできる美容液です。

  • このシミさえなかったら、、
  • シミがどんどん濃くなってきて目立つ
  • ある日びっくりいつの間にこんなに増えた?

ホワイトショットSXSはこんな人におすすめの毎日できる集中美白美容液です。

《ホワイトショットSXSの基本的な使い方》
使う順番は洗顔後、化粧水で肌を整えてから使います。ホワイトショットCXSと併用する場合は、CXSを肌全体になじませてから使います。

 

シミの大きさにもよりますが、気になる部分1カ所あたり、小さめの真珠1粒くらいが使用量の目安です。パッケージの中におすすめの使い方が載っています。

 

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

 

①気になる部分の上にチューブから美容液を出して、小さめの真珠1粒くらい置きます。
②美容液を浸透させるように、指の腹で5秒くらい優しくおさえます。
③最後に、美容液を密着させるようにクルクルと優しくなじませます。

こちらがリニューアルされたホワイトショットSXS。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

ロゴが小さくなって、以前よりパッケージデザインがスタイリッシュになったかな?発想の転換を象徴した赤い点が印象的です。

ホワイトショットSXSは細身のフォルムがおしゃれですよね。キャップの蓋が平らになっているので、立てて収納できるのも便利だと思いました。

蓋はクルクルと回して取るタイプ。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

取り出し口は斜めにカットされているのでお肌に密着しやすい

リニューアル前と同様に、取り出し口が斜めにカットされています。この斜めカットのデザインは使ってみてこそ納得。

ホワイトショットSXSは、顔の気になる部位に肌に直接出すタイプなので、斜めにカットされているととても密着度が上がる気がします。

容器の素材のせいか、テクスチャーのせいなのか、出し過ぎることがないので無駄がありません。シミの大きさに合わせて適量を出すことができるので便利。コスパ的にもいいですよね。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

手に取ってみると、美容液、というよりはコクのあるしっかりしたクリーム。無香料なので臭いもほぼ無臭で気になりません。

ホワイトショットSXSは基本的に気になる部位に集中してケアするものなので、伸びがいい、という言うよりは濃厚でこっくり。気になる部分に使ってみます。

最後に指の腹を使ってクルクルとやさしくなじませます。シミの元に届きますように、とクルクルしながら祈ってます(笑)

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

ホワイトショットSXSも肌のなじみが早く、浸透した後のべたつきが全くありません。

普段メイク前に重めのクリームは使いたくないんですが、この美容液は別物。まったくメイクに影響することがありません。

本当に肌に優しい感じで、乾燥や刺激といった不安もまったくなく使うことができています。

ホワイトショットSXSを購入する

ホワイトショットCXS&SXSのここが良かった!

  • 刺激がなくて肌に優しく美白ケアができる!
  • 全体的なくすみケア、しみ予防+ピンポイントでシミの集中ケアができる
  • 肌なじみがよくて、ベタツキ感がないからメイクの邪魔にならない

朝晩、ホワイトショットCXSとSXSを併用して使い始めて2週間くらい。

シミが消えてる、といった劇的な変化はありませんが、朝のスキンケアでなんとなく顔色が明るくなってきたように思います。

全体的に茶色っぽく見えていたくすみがましになって、黄色っぽくトーンアップしたように感じています。それに伴ってメイクで仕上げた時にシミも目立ちにくくなってきたような気がして、毎日メイクした顔をチェックするのが楽しみになりました。

ホワイトショットは1か月くらいで効果を実感する人も多いみたいなので、春夏に向けての紫外線対策も含めて美白ケアを徹底していきたいと思います。

ポーラ ホワイトショットを購入する

ホワイトショット商品情報

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

・ホワイトショット CXS〔医薬部外品〕

  • 25mL ¥15,000(税込¥16,200)
  • リフィル 25mL ¥14,000(税込¥15,120)
  • ラージ リフィル 50mL ¥25,000(税込¥27,000)
  • ポンプ(交換用) ¥ 1,000(税込¥ 1,080)

・ホワイトショット SXS〔医薬部外品〕

  • 20g ¥12,000(税込¥12,960)

◆無香料・無着色
◆アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)

ホワイトショットを購入する

2018年新たに生まれ変わった美白ブランド「ホワイトショット」

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

「狙う」という意味が込められたポーラの美白ブランド「ホワイトショット」が誕生したのは1998年。

ポーラ研究所が開発したオリジナル美白有効成分「ルシノールR」を配合した美白美容液の発売がその始まりでした。

ホワイトショットはこれまでにも、ポーラ最先端の美白研究と理論、処方化技術に基づいた製品を次々と打ち出して進化し続けているブランドです。

ブランド誕生20年の節目を迎えた今年2018年はブランドコンセプトも一新。

・「新ホワイトショット」のブランドコンセプト

「まっさらに冴え渡る透明感あふれるような肌を保つ」

新たに発売された2つ美白美容液は、ポーラ研究所による業界初の新理論から開発された新しい美容成分を搭載。

これまでになかったアプローチで、より効果的にシミの元を狙い撃つことができる「新生ホワイトショット」となっているんだそうです。

ホワイトショットが着目したアライブクリア機能とは?

肌の基底層にあるメラノサイト(色素細胞)は、紫外線などの刺激から肌を守るためにメラニンを合成して作り出す場所です。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS メラノサイト

これまでメラノサイトは肌に異変があった時には移動するけれど、通常は移動しないものと考えられていました。

しかしポーラ研究所は、「メラノサイトは本来移動するもの」であることを発見。さらに移動することによって肌の表面全域に適切な量のメラニンを分配することで色ムラのない肌を保っていると考えました。

ポーラはこうした肌本来が持つ「メラノサイトが移動して、供給するメラニンを適切にする」という機能を「アライブクリア機能」と名付けました。このアライブクリア機能に着目して研究した結果、

シミのある部位には、メラノサイトが停滞することにより、

①その部位にメラノサイトの増加して密集すること
②メラノサイト1つから作り出されるメラニン産生量が増加すること

これら2つの理由から正常な部位よりも約6倍のメラニンが作られてしまうことが分かりました。

さらにポーラ研究所は業界で初めて、メラノサイトの停滞が加齢やストレスによって起こる事を発見。

メラノサイトの移動を抑制する遺伝子「メラノサイトABR」がストレスを受けた時や年齢とともに増加することが分かってきました。

新ホワイトショットは、この新しい美白研究理論を元に「メラノサイトを移動させ、供給するメラニン量を適切にするアライブクリア機能」に着目して開発されたんだそう。

2種類の美白美容液に新配合!「m-Aクリアエキス」

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS ローズマリー

今回リニューアルされた美白美容液2種類に新たに配合されたのは、新開発のポーラオリジナル美容成分「m-Aクリアエキス」。

m-Aクリアエキスはローズマリーエキスと藻草エキスを合わせた複合成分で、これまで知られていなかったアライブクリア機能に対応する新成分として新たに配合されています。

m-Aクリアエキスの他にも、新ホワイトショットにはポーラ研究所がこれまでに送り出してきた美白効果の高いポーラオリジナル成分が2種類の美白美容液に共通して配合されているんです。

ホワイトショットCXS・SXSに共通して配合されるポーラオリジナルの注目成分とは?

・ルシノールの進化版「ルシノールEX」

ブランド立ち上げから配合されるポーラオリジナルの美白有効成分ルシノール。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS ルシノール

ルシノールは、基底層にあるメラノサイトでチロシナーゼと合体することで、チロシンとの合体を防いでメラニンの生成を抑えてシミそばかすを防いでくれます。

このルシノールにもう一つの美白有効成分「ビタミンC誘導体」と3種類の美容成分を加えたのがポーラオリジナルの複合成分「ルシノールEX」です。

2種類の美白有効成分がメラニンの生成を防ぐと共に、3種類の美容成分が透明感のある肌に導いてくれます。

・肌本来の力を呼び戻す「SCリキッド」

前回2015年のリニューアルでポーラ研究所が着目したのは「肌本来が持つメラニンの塊を分解するチカラ(セルフクリア機能)」です。

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXSセルフクリア機能

セルフクリア機能が低下した肌は、役割を終えたメラニンを表皮細胞内で分解することができないためにシミそばかすとなって表面化してしまうのです。

このセルフクリア機能を高める成分として配合される「SCリキッド」はビワの葉から抽出したポーラオリジナルの美容成分。

SCリキッドは、リニューアルされたホワイトショットCXS、SXSにも配合されており、肌機能を高めてシミそばかすができにくい肌に導いてくれます。

ホワイトショット公式サイトで詳しく見る

「ホワイトショットCXSとSXS」のそれぞれの特長とは?

・「ホワイトショットCXS」の特長

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

ホワイトショットCXSは、顔全体のシミくすみケアにおすすめの美白美容液。みずみずしいテクスチャーで、つけた瞬間にシュッと浸透する液状の薬用美容液です。

ホワイトショットCXSはこんな肌悩みにおすすめ

  • 顔全体のくすみの予防、改善
  • 肌荒れやニキビなどの炎症が原因でできたシミや色素沈着
  • 紫外線が強い時期のシミ予防

など。ホワイトショットCXSは紫外線によるシミ、くすみの防止だけでなく、加齢やストレスによるやシミ黄ぐすみにも対応。これ以上増やしたくない、これ以上濃くならないための予防にもおすすめ。

《くすみの原因糖化にも着目》

ホワイトショットCXSには、m-AクリアエキスやルシノールEX、SCリキッドなどの美白成分だけでなく、肌の糖化に着目して配合されたポーラオリジナル成分「YACエキス」と「EGクリアエキス」も配合されています。

加齢にともなって肌がくすみがちになってしまう原因は、紫外線ではなく糖とたんぱく質が結びついて起こる糖化。

糖化したタンパク質はそれ自体が褐色をしているだけでなく、肌の新陳代謝を低下させてしまうのでターンオーバーが乱れてメラニンが排出されずシミの原因にもなってしまいます。

ヨモギとレンゲソウからそれぞれに高濃度に抽出されるYACエキスとEGクリアエキスは、糖化を防ぐ働きのある美容成分。ホワイトショットCXSはシミだけでなく、顔全体のくすみケアにも対応する高機能な美白美容液となっています。

※ホワイトショットCXSの美白成分については、2015年発売されたホワイトショットCXにも配合されていて以前紹介したレビュー記事でも詳しく紹介していますのでそちらも参考にしてみてくださいね。

・「ホワイトショットSXS」の特長

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

「ホワイトショットSXS」は、気になるシミをピンポイントでケアする集中美白美容液。

ホワイトショットCXSとは対照的にコクのあるクリームが気になるシミにピンポイントで密着。長時間とどまることで美白成分をじっくり肌に届けてくれます。

ホワイトショットSXSはこんな肌悩みにおすすめ

  • 目立つシミがある
  • ニキビ跡がなかなか消えない
  • 年々シミが濃くなっている

など。ホワイトショットSXSはできてしまったシミや今あるシミをなんとかしたいという肌悩みにピッタリ。

大きなシミだけでなく小さなシミが密集した部位に、集中的にピンポイントで目立たなくしたい人におすすめです。

《シミ部分だけにある「過脂化メラニン」に着目!》

シミのある部位をピンポイントで狙い撃つホワイトショットSXSには、シミの部位に特徴的にみられる過脂化メラニンに対応するポーラオリジナル成分が配合されています。

シミのある部位のメラノサイトは過酸化脂質をため込んで、体内に蓄積した状態(過脂化)になりやすくなり、通常のメラニンとは異なるメラニンが生成されることを発見。

この過脂化メラニンに対応するために、ホワイトショットSXSには「m-シューター」と「クリアノール」というポーラオリジナルの複合成分が2種類配合されています。

  • m-シューター:クロレラ、カッコン、アロエから抽出した複合エキス
  • クリアノール:アーティチョーク、ユズから抽出した複合成分

このm-シューターを配合した密着性の高いエマルションが、気になる部位にピンポイントでピタッと密着。ホワイト膜を形成します。

ホワイトショットを使ってみる

確実にメラノサイトに届くショットデリバリ―処方搭載

どんなに優れた美白有効成分が配合されていたとしても、原因となっている場所にその成分が届かなければ効果を実感することはできません。

そのためホワイトショットの美白美容液は、確実にメラノサイトに届くショットデリバリ―処方を従来より搭載してきました。
このショットデリバリ―処方も今回のリニューアルでさらにバージョンアップ。

「メラノサイトが移動して、供給するメラニンを適切にする」アライブクリア機能を高めるm-Aクリアエキスも効率よくメラノサイトに届けてくれrます。

・CXSショットデリバリー処方

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS ホワイトデリバリー処方

ホワイトショットCXSに搭載されたショットデリバリ―処方では、まず細胞間脂質に似た構造を持った浸透ナノカプセルがブースターのような働きを持ち、美白成分が浸透しやすい角層に整えてくれます。

  • 2種類の美白有効成分に3種類の美容成分を合わせたルシノールEX
  • 肌本来の持つ力を呼び戻す「SCリキッド」にアライブクリア機能を高める新配合の「m-Aクリアエキス」
  • 糖化によるくすみケアに効果的なYACエキス

美白成分を内包したこれら3種類のカプセルは、浸透ナノカプセルのおかげで瞬時になじみ、肌のすみずみまですばやく浸透してくれます。

・SXSショットデリバリ―処方

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS ショットデリバリー処方

ホワイトショットSXSに搭載されるショットデリバリ―処方では、

従来から配合されるルシノールEX、SCリキッド、クリアノールに加えて新配合されたm-Aクリアエキスを一つのカプセルに包み込んだエマルションがすみずみまで浸透。メラノサイトと親和性が高いエマルションとなっているので有効成分を効率よくメラノサイトに届けてくれます。

またホワイトショットSXSでは、m-シューターを内包した肌に密着性の高いもう一つのエマルションが肌表面に留まって膜を作ってくれるので、シミのある部位に長時間密着して届けたい場所にじっくりと美白成分を届けてくれます。

ホワイトショットの商品ラインナップ

ポーラの美白美容液 ホワイトショットCXS・SXS

今回ご紹介した2つの美白美容液の他にも、ホワイトショットではラインナップが豊富です。内側からもケアできるサプリメントもあり、もっとしっかり美白ケアをしたいという方におすすめです!

  • ホワイトショット CXS(美白美容液):25mL/\16,200(税込)
  • ホワイトショット SXS(集中美白美容液):20g/\12,960(税込)
  • ホワイトショット RX (美白クリーム):50g /\12,960(税込)
  • ホワイトショット QX(シートマスク・フィルム状美容液):各5包/\11,880(税込)
  • ホワイトショットインナーロック リキッドIX : 30mLx10本/\6,264(税込)
  • ホワイトショットインナーロック タブレットIXS:60粒 /\6,696(税込)

ホワイトショット商品ラインナップを見る

ホワイトショットCXS・SXSの全成分表示

《ホワイトショット CXS 全成分》

水、BG、エタノール、グリセリン、アスコルビン酸2-グルコシド、PEG-8、4-n-ブチルレゾルシン、グリチルリチン酸2K、ローズ水、オレンジフラワー水、水添大豆リン脂質、ショウキョウチンキ、ビワ葉エキス、ヨモギエキス、マヨラナエキス、レンゲソウエキス、海藻エキス-1、大豆リン脂質、クララエキス-1、ローズマリーエキス、ラウロイル加水分解シルクナトリウム液、無水エタノール、水酸化K、ジグリセリン、ショ糖脂肪酸エステル、クエン酸Na、濃グリセリン、オレイン酸ポリグリセリル、キサンタンガム、クエン酸、コハク酸ジエトキシエチル、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベン

《ホワイトショット SXS 全成分》

水、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリン、POE・ジメチコン共重合体、無水ケイ酸、アスコルビン酸2-グルコシド、4-n-ブチルレゾルシン、グリチルリチン酸2K、ショウキョウチンキ、カッコンエキス、ビワ葉エキス、アロエエキス-2、マヨラナエキス、クロレラエキス、海藻エキス-1、ローズマリーエキス、アーティチョークエキス、クララエキス-1、ユズセラミド、高重合ジメチコン-1、ショ糖脂肪酸エステル、水酸化K、無水エタノール、トリイソステアリン酸ジグリセリル、ワセリン、イソステアリン酸ソルビタン、クエン酸Na、エタノール、オレイン酸PEG、クエン酸、メチルハイドロジェンポリシロキサン、ミリスチン酸、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、酸化チタン、タルク、ジエチレントリアミン5酢酸5
Na液、水酸化Al、フェノキシエタノール、メチルパラベン

まとめ

美白系の化粧品は肌に刺激になりそうだし、効果もわかりにくいと思ってあまり使ってこなかったんですが、ホワイトショットを使い始めて美白化粧品の印象がかなり変わりました。

かゆみや赤みはもちろん、肌が乾燥するような刺激がなく本当に優しい使い心地。
どちらも使ってみて、美白ケアってこんなに楽しいものなんだ、って思えるようになりました。

これまでかなり放置して増え続けたシミが、これからどんな風に変化していくのか、じっくり楽しみながらケアしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です