資生堂のレチノール配合リンクルクリームの使用レビューと注意すること

ほうれい線 化粧品 資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

今回ご紹介するのは、エイジングケア成分「レチノール」配合の資生堂エリクシールシュペリエル リンクルクリームです。

レチノール配合エリクシールシュペリエル リンクルクリームはこんな肌悩みにおすすめ!

  • 目尻の小じわが気になって笑うのが怖い
  • ほうれい線や口元の縦ジワがおばあさんみたい
  • 同級生と写真を撮ったら自分だけシワが多くて老けて見えた

年齢とともに、お肌が衰えてくるのは仕方がないことですが、化粧品の技術もどんどん進んでいる現在、「もう年だから」と諦めたくないですよね?

資生堂エリクシールシュペリエルのリンクルクリームは、しわを改善する純粋レチノール配合で、いくつになっても、思い切り笑顔になりたい女性のための化粧品です。

ここでは、このリンクルクリームの特長や実際に使用した感想をご紹介しています。

資生堂の純粋レチノールとは?

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

別名「ビタミンA」の純粋レチノール。「レチノール」と「レチノール誘導体」を区別するために「純粋レチノール」と表記しています。

純粋レチノールは、代表的なエイジングケア成分で、肌のヒアルロン酸や水分量を増やす働きがあります。肌荒れを防ぎながら、ハリやしなやかさのある肌へ導いてくれます。

2017年2月に、「レチノールがシワを改善する」という新たな効果が厚生労働省から承認されています。

・レチノールの美容効果とは?

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

お肌への美容効果としては、肌のヒアルロン酸を増やし、肌の水分量を増加させることで、肌を柔軟にし、深いシワを改善したり、目の下のクマを目立たなくしてくれます。

・9週間使用で深いシワの改善効果を実証

純粋レチノールを有効成分とした製品を健常な日本人女性に9週間使用したところ、9週間で深いシワの改善効果が実証されたそうです。

エリクシールシュペリエル リンクルクリームの特長

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

純粋レチノールは、高い美容効果に期待できるエイジングケア成分ですが、安定性の悪さがデメリットです。光や酸素などに当たることによって、劣化も速まるため、化粧品に安定的に配合するのは困難な成分です。

しかし、資生堂のエリクシールシュペリエル リンクルクリームは、純粋レチノールが劣化しないように開発された容器に詰められていて、私たちが使用している間、高い品質を保つことができるようになっています。

・中身は出ても酸素は通さない特殊チューブ

ほとんどの化粧品は、開封したら空気に触れて、劣化が進みます。しかし、これでは、純粋レチノールはたちまち劣化してしまいます。

エリクシールシュペリエル リンクルクリームの容器は、開封後でも、酸素を通さないよう開発された特殊なチューブに入っています。中のクリームは出せても、外側からは針1本通さない構造なので、酸素に触れて劣化することがありません。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム
画像引用元:エリクシール公式サイト

・ヒアルロン酸を与えるのではなく肌自らがヒアルロン酸を生み出す

配合されている有効成分、純粋レチノールは、表皮角化細胞でヒアルロン酸の産生を促進して、表皮内の水分量を高めてくれます。水分不足で硬くなった肌を柔軟にして、しわを改善してくれる化粧品です。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

レチノール配合クリームを使ってみる

2本目使用!資生堂のレチノール配合リンクルクリームの口コミレビュー

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

1年前に一度使っているリンクルクリーム。いろいろ浮気してたけど、目元の小じわや口元の乾燥が気になってきて、CMを見て思い出したので、再び使ってみました。

以前使った時から、少し時間が経ったので、改めて、使い方から確認してみました。

・使用する前に注意しておきたいポイント

箱の側面に、使用前の注意点が記載されているので、はじめて使う方はここをチェックしておきましょう。ここでも、同じ内容を記載しておきますね。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

まず、これまでレチノール類を含む商品でトラブルがあった方や皮膚トラブルを起こしやすい方は、ご使用をお控えください、とありますので、当てはまる方は注意してください。

使用の際の注意点は、下記の通りです。

  • はじめて使用するとき、または肌が敏感なときは、最初の2週間は2~3日間隔で夜のみ使用。次の2週間は毎夜、と徐々に使用回数を増やしていくことがおすすめ。
  • 他のレチノールが配合された商品と併用するときは、一度に複数品の併用は避ける。1品ずつ、肌の様子を見ながら使用すること。
  • 使用回数、使用量は守って正しく使う。
  • 朝使用する場合は、レチノール効果を守るため、紫外線カット効果のある化粧品を使うこと。

・エンリッチド リンクルクリームの使い方

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

リンクルクリームは、未開封のときは密閉されているので、使用前に、まずキャップを取り、青いリングを外して捨てます。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

キャップに中栓が入っているので、それをそのままにして、チューブ側にセットします。根本の凹凸部分が見えなくなるまで、ねじこみます。キャップを外すと、中栓がセットされて、使い始めることができます。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

使用方法は、朝晩、お手入れの最後に、目や口のまわりなど、シワが気になる部分にやさしくなじませます。使用量は、小さなパール粒1個分です。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

使用量の目安はパール粒1個分

・エンリッチド リンクルクリームの口コミレビュー

2017年発売と同時に、「しわを改善する」に惹かれて、すぐに使ってみました。人って、少しよくなると、他にも使ってみたくなりますよね(笑)

いろいろ使ってみて、やっぱり「しわを改善する」にはこれかな?と、リンクルクリームを再び使ってみることにしました。

すごく人気の商品みたいで、15g入りは品切れになっていることもΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

以前は15g入りだけでしたが、今は、22g入りの大きめサイズも出ていて、こちらの方が少しお得ですね。次回は、22g入りにしてみようと思います。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム
画像引用元:エリクシール公式サイト

改めて使ったリンクルクリーム。香りは、アクアフローラルでいい香りです。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

黄色のクリームは、なめらかで、すーっと伸びて、使用感もいいです!

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

肌なじみもいいので、べたつきません。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

最近気になっていた目元、そして、ほうれい線に使い始めました。

使用の際の注意点を、2本目とあって、あまり気にせず、目元、口元に朝晩使っていたのですが、1週間ほど経ったころ、口の周りがヒリヒリしはじめて、赤くなってきました。

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

ちょうど生理前になったころで、肌が敏感になってきたところだったというのもあるのかも。目の周りは、大丈夫でしたが、口周りだけ。

口元も目元への使用もしばらくお休みして、少し治まった写真ですが、これがレチノイド反応というものなのかな?レチノイド反応は、一時的な症状ともいわれているので、生理が始まって、肌も落ち着いてきて、再び使い始めました。

口元は避けて、目元は少し量を減らしながら使っています。目元に使うと、やっぱりしっとりするし、肌が柔らかくなるような気がして、小じわも改善されるのでは?と期待しています。

エリクシールリンクルクリームを購入する

エリクシールシュペリエル リンクルクリーム購入は資生堂の公式サイトから

資生堂のレチノール配合リンクルクリーム

エンリッチド リンクルクリームは、新たに約110回分のたっぷり入ったサイズも加わりました。目元だけでなく、口元や首にも使いたいという方には、大きいサイズがおすすめです。

  • 内容量:15g(約75回分)、22g(約110回分)
  • 価格:6,264円(税込)/15g、8,424円(税込)/22g ともに送料無料

15g入りの場合、1gにつき約417円、22g入りの場合、1gにつき約382円なので、22gの方が少しお得です。また、資生堂の公式サイトで購入すると、次回使えるポイントが付いたり、資生堂パーラーのスイーツがプレゼントで付いてくることもあって、うれしい特典満載です♪

エリクシール リンクルクリームを購入する

レチノールに関するよくある質問

資生堂の純粋レチノールは一般的なレチノールとどう違う?

レチノール誘導体には、いくつか種類があります。代表的なものが「パルミチン酸レチノール」と言って、レチノール(ビタミンA)にパルミチン酸を結合している成分で、油溶性のレチノール誘導体です。

資生堂の純粋レチノールの場合は、他の成分が結合されていない「純粋な」レチノールなので、レチノールの持つ美容効果に期待できると言えます。

レチノール使用後、紫外線に当てない方がいいのはなぜ?

レチノールは紫外線に弱いため、日中使用する場合は、紫外線カット効果のある日焼け止めやファンデーションと併用するか、夜だけ使用するようにしましょう。

レチノールの心配は?

レチノールを使用すると、レチノイド反応といって、特に敏感肌ではない方でも、次のような症状が出ることがあります。

 

  • 肌が乾燥してカサつく
  • かゆみや赤みが出る

 

肌が慣れてくると、こうした症状が出なくなる場合もあります。大きなダメージを感じないのであれば、2週間ほど、使用量を減らすなどして使い続けて様子を見てみるのもいいでしょう。

ただ、症状が悪化するようであれば、すぐに使用を中止して、皮膚科を診察しましょう。

全成分

レチノール*、酢酸DL-α-トコフェロール*、水溶性コラーゲン(F)、濃グリセリン、精製水、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、エタノール、メドウフォーム油、ポリエチレングリコール1000、メチルポリシロキサン、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、ポリプロピレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、トリイソステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ヒドロキシエチルセルロース、ポリビニルアルコール、ステアリルアルコール、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸三ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、酵母エキス(3)、マリンエラスチン、クララエキス(1)、フェノキシエタノール、香料、β-カロチン  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回は、資生堂のレチノール配合エリクシールシュペリエル エンリッチド リンクルクリームをご紹介しました。

しわを改善する効果が認められている純粋レチノール配合なので、積極的にエイジングケアしたい方におすすめです。

注意点はありますし、私みたいに肌が敏感になっているときは、トラブルにも注意しなければなりませんが、肌に合えば、しっかり効果も実感できると思います。

目元、口元のしわが気になり始めたという方は、ぜひ資生堂の公式サイトでチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です