りびはだ

老け妊娠中にシミが濃くなる!その原因と安心して使える低刺激の美白化粧品8選

妊娠中 シミ

こんにちは、お肌はいつからでも変われるをコンセプトに美容情報をお届けしています、りびはだ(Re・美肌)です。

 

今回は、妊娠中の肌悩みに多い「シミ」について取り上げています。

 

  • 妊娠中に薄かったシミが濃くなった
  • 妊娠してからシミができやすくなった
  • 妊娠して肌が敏感になっているので低刺激な美白化粧品を使いたい

 

と、こんな妊娠中のシミの悩みありませんか?妊娠するということは、急にホルモンバランスが変化すると同時に、体や肌にさまざまな変化が見られ、悩みの一つになることも。

 

妊娠中のストレスはお腹の赤ちゃんにも悪影響。少しでもストレスになる悩みは解決しておきたいものです。今回は、妊娠中にシミが濃くなる、増えるの原因のほかに、低刺激で妊娠中も安心してシミのケアができる美白化粧品を紹介しています。

 

▷▷▷妊娠中でも安心して使える美白化粧品8選を見る

目 次


妊娠中にシミが濃くなる原因とは?

妊娠中 シミ

妊娠したら、以前からあったシミが濃くなったと感じる人も多いはず。どうして妊娠中はシミが濃くなるのでしょうか?

 

その理由は「ホルモンバランスの変化」

 

妊娠すると、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が増加。増加したこれらが、メラニン色素を生成する色素細胞「メラノサイト」を刺激するためと言われています。

妊娠中は新たにシミが増えることも…

妊娠中シミ妊婦

女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が増加することによって、メラノサイトが刺激され、メラニン色素が生成されやすくなると先に説明しましたね。これは、新たにシミができやすくなる原因でもあります。

 

紫外線はもちろん、ちょっとした摩擦や炎症によっても色素沈着しやすくなります。

 

乾燥による肌荒れやニキビができた後の炎症後色素沈着にも注意

女性ホルモンのプロゲステロンは、エストロゲンや男性ホルモンのアンドロゲンの材料になります。なので、男性ホルモンであるアンドロゲンは、女性の体内にも存在しています。妊娠していないときは、実はエストロゲンの10倍以上も存在しているそうです。

 

この男性ホルモンがあることで、お肌は皮脂分泌が行われています。しかし、妊娠すると、プロゲステロンとエストロゲンが急激に増え、男性ホルモンの分泌は低下。そのため、皮脂分泌量も減少して、肌は乾燥しやすくなります。

 

肌が乾燥することで、いつもより敏感になり、肌荒れやニキビができやすくなります。炎症そ起こすと、メラニン色素が発生して炎症後色素沈着を引き起こすので、肌が乾燥しないようケアするのも必要です。

 

妊娠性肝斑について

まだはっきりと原因は分かってはいないものの、ホルモンバランスが関係しているのではないかと言われている「肝斑(かんぱん)」。30~40代の女性にできることが多く、特徴は、

 

  • 頬、目尻などの左右対称にできる
  • 境界線がぼんやりしている
  • 範囲が広い

 

と、こんな茶褐色のシミになります。頬骨のあたりは、紫外線によるシミと混在していることもあります。

 

ホルモンバランスが関係していると言われていることから、妊娠中にもできやすくなり、これを「妊娠性肝斑」といいます。

妊娠中にできたシミは産後消えるか?

妊娠中シミ

ホルモンバランスの変化でできたであろう「妊娠性肝斑」については、早ければ産後2ヵ月、長くて1年の間には消えると言われています。

 

その他に、メラニン色素ができやすくなっているので、紫外線や摩擦、炎症による色素沈着も多くなるのが妊娠中。こうしたシミは、早めに対処することで薄くなったり、消える可能性もあります。ホルモンバランスの変化によるものはコントロールできませんが、紫外線などの外部刺激によるシミは予防することで防ぐことができるので、紫外線対策、肌荒れ対策がおすすめです。


ちなみに、妊娠すると乳首が黒くなりますが、これは授乳で赤ちゃんに吸われるので、皮膚を強くしているためと言われていて、授乳が終われば、元の色に戻るので安心してください。

妊娠中のシミのケアで注意すること

妊娠中のシミ

妊娠中だから、美白化粧品や美白サプリは使えないというわけではありません。できたシミを放置していると消えにくくなります。妊娠中でもできるシミのケアで、早めに対処しておきましょう。

レーザー治療でのシミ消しはNG

一般的にレーザー治療によるシミ消しはNGです。産後1年以上経過しても、まだ気になるほどのシミが残っていれば、レーザー治療もシミを消す方法の一つに考えるのもいいですが、妊娠中は避けましょう。

美白サプリでのシミケアはかかりつけ医に要相談

L-システインは一般的なシミのケアに、トラネキサム酸は肝斑のケアに効果的です。これらは通販で購入できる医薬品でも販売されていて、簡単に手に入ります。ビタミンCが配合されているものもあり、効果効能に「妊娠授乳期のビタミンC補給に」と記載されているものもあり、妊娠中でも飲むことができます。


ただし、妊娠中は体もデリケートな時期です。服用の際は、かかりつけのお医者様に相談するようにしましょう。

 

▷▷▷トラネキサム酸サプリに関する記事を見る

 

▷▷▷L-システインサプリに関する記事を見る

妊娠中の美白化粧品選びに気をつけて

急激なホルモンバランスの変化によって、お肌も敏感になっている時期です。ちょうど月経前に肌荒れを起こしたり、いつも使っている化粧品が合わなかったりしますよね?妊娠中もそんな感じ。それよりもさらに敏感になることも。

 

なので、今までは大丈夫だったという化粧品でも、ピリピリと刺激を感じてしまうということもあります。その刺激が肌荒れを起こすと、炎症後色素沈着を引き起こす可能性があるので、妊娠中は刺激となる成分が配合されていない化粧品を選びましょう。

《必見》避けた方がいい成分

「経皮毒」という言葉、聞いたことがありますか?化粧品に配合されている成分の中には、皮膚を通して血管まで吸収されるものもあります。なので、普段から肌に触れるものの成分にはこだわりたいですが、催奇形作用のある成分もあり、血液を通して栄養や酸素が赤ちゃんに送られていることを思うと、妊娠中は特に成分にはこだわって選んでほしいと思います。

そこで、妊娠中は避けた方がいい成分を紹介しますね。

 

①トレチノイン
シワ対策のクリームなど、エイジングケアコスメに使われることが多い、別名「ビタミンA誘導体」のトレチノイン。経皮吸収での影響は極めて低いのですが、内服の場合は催奇形性の危険性があります。化粧品でも高濃度配合のものは避ける方がいいでしょう。また、トレチノインを使ったことがない方や敏感肌の方には刺激が感じられることも。妊娠中にあえて使う必要もないでしょう。

 

②パラベン
多くの化粧品に使われている防腐剤の「パラベン」。パラベンは経皮吸収されて、胎児の成長を阻害するなど、悪影響を及ぼす危険性があります。メチルパラベンは比較的安心と言われていますが、胎児のことを考えると「○○パラベン」が配合されている化粧品は避けた方がいいでしょう。

 

③ハイドロキノン
「皮膚の漂白剤」と言われるほで、シミに対して効果的な成分。その分、肌への刺激は強く、肌がデリケートになっている時期には避けたい成分です。経皮吸収での影響は低いと考えられているものの、遺伝子を傷つける危険性があるので、避けた方が安心。

 

④サリチル酸
高い抗菌・殺菌作用があり、角質を柔らかくする働きがあることで、ニキビケア向けの洗顔料やピーリング剤に配合されているサリチル酸。化粧品に配合されているのは、一般的に1~2%の低濃度で、これくらいであれば問題ないということ。ですが、ピーリング剤やサプリメントなどは高濃度配合されていて、催奇形性のリスクが高いと言われています。

 

⑤トルエン
美白ケアとは関係ありませんが、マニキュアや除光液に含まれている成分。胎児の発達遅延や脳への障害のリスクがあるので、ネイルが好きでよくマニキュアを使う方は注意してください。

 

⑥アロマ精油
美肌効果の他にも、リラックス、リフレッシュ効果があり、マタニティブルーで気分が落ち込み気味のときの気分転換、また腰痛やむくみなど妊婦さんならではの体の不調にも効果を発揮するアロマテラピー。しかし、女性ホルモン様作用や通経作用のある精油もあり、妊娠中は避けた方がいいものがあります。

《妊娠中を通して使用禁止の精油》
グローブ、シナモン、タイム、フェンネル、ラバンジン、シダーウッド(アトラス)、ジャスミン、ローズマリー、ラベンダー・スピカ

《妊娠6ヵ月までは使用禁止の精油》
ジュニパーベリー、マジョラム、ニアウリ、ゼラニウム、サイプレス、クラリーセージ

妊娠中のシミのケアにおすすめ!低刺激美白化粧品8選

妊娠中のシミ

トレチノインやハイドロキノンはもちろん、パラベンフリーの妊娠中のシミケアにも安心の美白化粧品を厳選しました。

ジェイドブラン

オーガニックの植物成分と科学の美肌テクノロジーの融合によって、美肌の6つの条件「キメ、ハリ、潤い、ツヤ、透明感、柔軟さ」を持つ健康な肌へ導くスキンケア。

 

《おすすめポイント》
  • 12種類のオーガニック植物成分が肌本来の力を呼び戻してくれる
  • 3種類のナノ化されたセラミドがしっかり浸透して肌を潤いで満たしてくれる
  • ビタミンC誘導体配合でメラニン色素生成を抑制&還元してくれる
  • センチフォリアというローズの花びらから抽出したセンチフォリア花水を全品に配合
  • アレルギー、スティッキング、細胞毒性、パッチテスト済み

 

《商品情報》

  • お試しセット:7日間分1,598円(税込)&送料無料
  • 内容:バランシングクレンジングジェル、バランシングソープ、【薬用】美白ハイドレイティングローションM、【薬用】美白コンセントレートエッセンスM、【薬用】美白モイストエマルジョンM、【薬用】美白モイストリッチクリームM

PCリペアゲルWセラム

2人目、3人目妊娠中で上の子の育児中でもあるママにおすすめのオールインワンジェル。美白も保湿もこれ1本でスキンケアが完了!もちろん、パラベンや合成界面活性剤などの肌に負担になる成分は使用していません。

 

《おすすめポイント》
  • 美白成分アルブチン配合で、メラニン色素の生成を抑制
  • 繭から抽出される天然の保湿成分セリシン配合
  • 抗酸化・保湿力の高い9種類の植物由来成分配合
  • お肌にハリを与えるエラスチン配合
  • 肌の成分に近い水分、油分をバランス良く配合

 

▷▷▷PCリペアゲルWセラムの口コミを見る

《商品情報》

  • 内容量:50g
  • 通常価格:4,428円(税込)
  • 定期購入価格:10%OFF→3,985円(税込)
  • 初回購入価格:700円(税込)&送料無料 ※定期購入回数の条件なし。お届け日の10日前の申し出で解約、休止はいつでもOK。

HANAオーガニック

ブルガリアの天然ローズ100%から抽出したローズ成分、ローズ精油がたっぷり含まれたローズウォーターを使用したオーガニックコスメ。肌本来の機能を高めるスキンケアで、シミだけでなく、ニキビ、肌荒れなど、あらゆる肌悩みにアプローチしてくれるので、デリケートになる妊娠中におすすめ。

 

《おすすめポイント》
  • 高い抗酸化作用でシミの原因「活性酸素」を除去
  • 寝ている間の肌再生力を高めてターンオーバーを促進
  • 皮膚常在菌バランスを整えるバイオエコア配合
  • 肌の炎症を抑えるビルベリー葉エキス配合
※ゼラニウム、クラリーセージなどの精油6種類配合されていますが、顔に使用する程度であれば大丈夫とのこと。(お問い合わせ済)全身には使用不可。

 

▷▷▷HANAオーガニックの口コミを見る

《商品情報》

  • お試しセット:7日間分1,480円(税込)&送料無料
  • 内容:ピュアリクレイ(洗顔料)、フローラルドロップ(化粧水)、ムーンナイトミルク(乳液)、ホワイトジェリー(美白美容液)、ウェアルーUV(UV乳液)

あきゅらいず

洗顔~クリームまで3ステップでスキンケアが完了するナチュラルコスメ。肌力を低下させる、つけすぎ、塗りすぎ、洗いすぎの3つの「過ぎ」をなくして、肌が本来持っている機能を高めてくれる。

 

《おすすめポイント》
  • 日本人の肌に合わせて厳選した10種類の東洋ハーブから抽出した草根木皮たまりを使用
  • 洗顔後はセラミドやコラーゲンなどの保湿成分をたっぷり配合した秀くりーむ1本でOK
  • 毎日30秒でできるパック「優すくらぶ」が肌を柔らかくして肌本来の機能を高めてくれる
※優すくらぶは「ミント」「ゼラニウム」の2種類の香りがありますが、妊娠中は「ミント」を使用しましょう。

 

▷▷▷あきゅらいずの口コミを見る

 

《商品情報》
お試しセット:
5日間分1,380円(税込)&送料無料
内容:泡石(洗顔石鹸)、優すくらぶ×2、秀くりーむ
※肌に合わなかった場合、商品到着後40日以内であれば使用後でも返品可能


ノブL&W

臨床皮膚医学に基いて開発されているスキンケア。ノブL&Wは、敏感肌のエイジングケア、美白ケアを同時に叶えてくれるコスメです。

 

《おすすめポイント》
  • ヒアルロン酸、アミノ酸、コレステロールなどの保湿成分たっぷり配合
  • 肌荒れを防ぐ甘草誘導体(グリチルリチン酸2K,グリチルリチン酸ステアリル)配合
  • 小じわを目立ちにくくするコエンザイムQ10、アミノ酸などのエイジングケア成分配合
  • 美容液とクリームには持続型ビタミンC誘導体配合でじっくりとメラニン色素にアプローチ
  • パッチテスト、アレルギーテスト済み

《商品情報》

  • お試しセット:7日間分 1,404円(税込)&送料無料
  • 内容:エンリッチローション(化粧水)、ブライトニングエッセンス(美白美容液)、エンリッチミルク(乳液)、エンリッチクリーム(美白クリーム)

プリモディーネ

従来のビタミンC誘導体に比べて約100倍の浸透力がある浸透型ビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」配合の化粧水。シミ、ニキビ改善、毛穴の引き締めに効果的。

 

《おすすめポイント》
  • 浸透型ビタミンC誘導体(APPS)だから肌の奥まで届いてコラーゲン生成もサポート
  • 肌のターンオーバーを促進させるハトムギエキス配合
  • メラニンを生成する酵素を阻害するαアルブチン配合
  • パラベンもフェノキシエタノールも不使用
※防腐剤の代わりにローズマリーを使用していますが、妊娠中であっても問題ない濃度なので使っても大丈夫とのこと。(問い合わせ済み)ただし、個人個人の状況が変わることもあるため、お手数でなければ、産科医の担当医師にご相談をとのこと。

 

▷▷▷プリモディーネの口コミを見る

《商品情報》

  • VCローションお試しセット:1,000円&送料無料
  • 内容:VCローション5ml×3

シークワサーブライトニング

オーガニックコスメ認証機関エコサートの認定を受けているオーガニックコスメ琉白のブライトニングシリーズ。沖縄で育った有機JASを取得しているシークワサーを使用した爽やかな香りとみずみずしいテクスチャーのスキンケア。

 

《おすすめポイント》
  • パラベン、フェノキシエタノールはもちろん、石油由来成分や動物由来成分、アルコール不使用
  • ブライトニング成分のシークワサー、ユキノシタ、紫根、甘草配合でクリアな肌へ
  • シークワサー、ノニ、レモンのエキス配合でザラつき肌もつややかに
※光毒性のある成分は排除しているので朝のスキンケアにも使用可能

《商品情報》

  • シークワサーブライトニングローション:3,960円(税込)/120ml
  • シークワサーブライトニングエッセンス:4,950円(税込)/30ml
  • シークワサーブライトニングミルク:3,960円(税込)/30g

エトヴォスバランシングゲル

皮膚科学を研究する医学博士監修のもと商品開発を行っている、肌本来の力を高めるスキンケア。ニキビ、美白ケアシリーズ「バランシング」には、高濃度ビタミンCが配合されている。

 

《おすすめポイント》
  • ニキビを予防したり、炎症を抑える有効成分「甘草エキス」配合
  • 化粧水には持続力が高いビタミンC誘導体配合
  • 美容クリームには油溶性ビタミンC誘導体のほか、セラミドやアミノ酸、ヒアルロン酸などの保湿成分配合
  • パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油など8つの無添加

 

▷▷▷エトヴォス バランシングラインの口コミを見る

《商品情報》

  • お試しセット:2週間分1,900円(税別)&送料無料
  • 内容:クリアソープバー(洗顔石鹸)、薬用アクネVCローション(化粧水)、薬用アクネVCクリームジェル(美容クリーム)、バランシングVCクリアジェル(部分用美容液)

シミを作らない、濃くさせない!妊娠中のシミケア5つのポイント

妊娠中シミ

妊娠性肝斑が出産後に消えると言っても、無防備な状態だと、濃くなったり、紫外線や炎症などの刺激で新たなシミを作り出してしまうので、日焼け対策は必須です。

①日焼け止め選びは紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ

紫外線吸収剤は、肌表面で化学反応を起して紫外線をカットします。これは、肌にはかなり負担。いくら紫外線をカットするために塗っていても、肌トラブルを引き起こす要因になり、炎症後色素沈着のリスクも高まります。
日焼け止めを選ぶ際は、妊娠中でなくても、お肌のために「紫外線吸収剤不使用」のものを選ぶようにしましょう。

 

▷▷▷肌に負担をかけない紫外線吸収剤不使用の日焼け止めに関する記事を見る

②ビタミンC豊富な食品を摂る

ビタミンC補給ができる医薬品もありますが、食品以外のものを口にするのは抵抗があるという方は、ビタミンCが豊富な食品を積極的に摂りましょう。ビタミンCは、抗酸化作用があり、シミなどの老化の原因「活性酸素」除去に効果がありますし、コラーゲン生成のサポートもしてくれます。
ただ、ビタミンCは、水溶性のため、尿と一緒に排出されやすいので、毎食ごとなど、こまめに摂取する必要があります。体が疲れたときやストレスを感じたときは、いつもよりビタミンCが消費されるので、多めに摂るようにしましょう。

 

▷▷▷ビタミンCの効果やビタミンCを多く含む食品に関する記事を見る

 

③ストレスを溜めない

ホルモンバランスの変化によって、マタニティブルーなど、気分がふさぎがちになることもあります。ストレスは、赤ちゃんにもいい影響を与えないですし、肌荒れ、ニキビの原因にもなります。パートナーやお友達とおしゃべりをしたり、マタニティマッサージなどを利用して、リラックスする時間も作って、ストレスのないマタニティライフを送りましょう。

 

④睡眠はしっかり取る

月齢が進むにつれて、お腹も大きくなり、腰痛やむくみ、肩こりなど、体の不調を感じることも多くなります。寝付きが悪くなったり、睡眠の質が低下することもあります。しかし、いざ出産となったら寝る時間もなかったり、体力も消耗します。出産後は、3時間おきの授乳など、ゆっくり寝る暇がありません。寝れる時間が取れる間は、しっかり睡眠を取りましょう。
マタニティ用の抱きまくらや足枕などもおすすめです。また、アロマ精油での芳香浴もおすすめ。ラベンダーやベルガモットなどリラックスできる精油を寝る前に焚くと睡眠の質が高まります。

⑤皮脂不足による乾燥は美容オイルで補う

男性ホルモンの分泌が減少する妊娠中は、皮脂分泌量も減少して、肌が乾燥しがちになります。保湿クリームもいいのですが、皮脂不足には、天然成分の美容オイルもおすすめ。乾燥が気になるところに部分使いしてもいいですし、マッサージに使うことでリラックス効果も得られます。妊娠線の予防にもおすすめですよ。

 

▷▷▷皮脂不足を補うおすすめ美容オイルに関する記事を見る

まとめ

お肌、体ともにデリケートになる妊娠中は、シミが濃くなった、新しくシミができてしまったなど、ほんの少しの変化も気になってしまいがちですが、深刻にならずに、キレイママを目指して、スキンケアも楽しんでいただけたらなと思います。

《参考サイト・文献》
  • ヘルスケア大学 http://www.skincare-univ.com/
  • 「女性ホルモン力がアップする食べ方があった!」栄養カウンセラー宇野理子・きたのはら女性クリニック院長 北野原正高
  • 「医師が認めたアロマセラピーの効力」カワバタクリニック院長 川端一永

 


@LINEお友達募集中

友だち追加
LINEお友達

2017年上半期のベストコスメTOP10

2017年上半期りびはだベストコスメ

お知らせ

夏の肌ダメージを回復!

バリア機能回復
クラウンセルクリーム
セラミドクリーム
アイクリーム

カテゴリ

Twitter by re-bihada

Facebook

サイト情報

この内容で送信します。よろしいですか?