dプログラム薬用スキンケアベースCC(敏感肌用化粧下地)口コミレビュー

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

今回ご紹介するのは、資生堂の敏感肌向けブランド、dプログラムから発売された敏感肌用化粧下地「薬用スキンケアベースCC」です。

「薬用スキンケアベースCC」はこんな肌悩みにおすすめ!

  • 肌荒れやニキビが原因でメイクができない
  • 敏感肌で赤みがあり、ファンデーションで隠れない
  • 肌荒れしていて、メイクがキレイにのってくれない

敏感肌のために開発された化粧下地で、肌荒れ、ニキビ、赤みなど、敏感肌特有の肌悩みに寄り添ってくれるので、毎日のメイクが楽しくなるかも♪

ここでは、薬用スキンケアベースCCの特長や実際に使ってみた感想をご紹介しています。

口コミでも評判!dプログラム 薬用スキンケアベースCC みんなの声

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

2018年8月発売と同時に、雑誌やCMでもたびたび見かけている薬用スキンケアベースCCは、すでに口コミでも評判です。

ナチュラルベージュを使っています。肌が疲れて見えるとき、敏感になっているときに使っていますが、肌の色が落ちついて、キレイに仕上がります。肌は敏感な方ですが、トラブルなく使っています。

ナチュラルベージュを使用。シミを隠すためにコンシーラーをと思いましたが、店頭で試してみると、こちらの方がシミをカバーできるのを実感。今は、気になるシミの部分につけて使っています。

ナチュラルベージュの方が合っているかなと思いながらも、血色もほしいなとピンクを購入しました。コクのあるクリームですが、伸びもよくて、肌にフィットする感じです。肌に負担を感じることなく使えていてうれしいです。

敏感肌でも安心して使える化粧下地がなかなか見つからなかったので、うれしいという声もありました。敏感肌こそ、肌トラブルが多くて、色むらになりやすいので、こうした化粧下地で肌色を補正できるとメイクするのも楽しくなりそうですね。

もっと口コミを見る

dプログラム 薬用スキンケアベースCCの色選びのポイントとは?

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

薬用スキンケアベースCCは、3色展開しています。どんな肌悩みに、どの色がいいか?選ぶポイントを紹介します。

  • ナチュラルベージュ(BE):シミや色素沈着が気になる肌
  • ブルーグリーン(BG):赤みのあるニキビ跡などが気になる肌
  • ベビーピンク(PK):くすみがあり血色感を出したい肌

気になる肌悩みが複数あるという場合は、部分的に使い分けるのもおすすめ。私個人的には、ベビーピンクは1本置いておきたい色です。毎日でなくても、寝不足や疲れているときの顔色補正に重宝します。

薬用スキンケアベースCCを使ってみる

dプログラム 薬用スキンケアベースCCを使ってみました!

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

あまり、コントロールカラーを使うことがないのですが、敏感肌向けブランドdプログラムから発売されたということで、使ってみました。

いつも眠りが浅くて、寝不足気味のせいか、肌が全体的にくすんでいるというか、顔色が悪い感じなので、ベビーピンクを選びました。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

顔色が悪いので選んだのはベビーピンク

ベビーピンクは、くすみに血色感をプラスしてくれるスキンケアベースです。容器は、シンプル&スリムなデザインで気に入っています。

・テクスチャーや使用感は?

スキンケアベースCCのテクスチャーは、柔らかいクリームです。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

肌に乗せて伸ばすと、伸びやすく、肌にぴたーっと密着してくれるような感じはあるものの、付けていて軽いので息苦しくない感じ。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

さらに、ファンデーションを塗っても重くない仕上がりです。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

・メイクのりはどう?

dプログラムのリキッドタイプのスキンケアファンデーション、パウダリーファンデーションとそれぞれ併せて使ってみました。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

リキッドタイプは、それだけでもメイクのりはいいですが、パウダリーファンデーションを使う場合は、スキンケアベースCCを化粧下地に使った方が断然キレイにノリます。

仕上がりも明るい感じになるので、ベビーピンクにして正解でした!

・ほかの色も気になって買ってみた

シミやニキビ跡など色素沈着を隠せるナチュラルベージュ、赤みのあるニキビ跡を隠せるブルーグリーンも気になって購入。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

ナチュラルベージュは、気になるシミを部分的に隠したいときに、ブルーグリーンは、ニキビができて赤くなったときに活躍できそうです。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

薬用スキンケアベースCCを購入する

dプログラム 薬用スキンケアベースCC 商品&通販情報

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

3色展開している薬用スキンケアベースCC、内容量、価格とも、それぞれ同じです。

  • 内容量:25g
  • 紫外線防止効果:SPF20・PA+++
  • 価格:2,700円(税込)&送料無料

※敏感肌の方の協力によるパッチテスト済、アレルギーテスト済、ニキビのもとになりにくい処方

薬用スキンケアベースCC 購入する

「肌荒れ?」のときでも安心!薬用スキンケアベースCCの特長とは?

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

薬用スキンケアベースCCは、敏感な肌の肌色を補正するとともに、毛穴まで目立たなくしてくれるという薬用化粧下地です。さらに、つけていることで、ニキビや肌荒れも防いでくれる「スキンケア効果」も発揮してくれる、そのための成分が配合されています。

①2種の薬用有効成分配合の薬用スキンケア処方

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

dプログラム 薬用スキンケアベースCCには、

  • 肌荒れ予防のための有効成分→トラネキサム酸
  • ニキビ予防のために有効成分→グリチルリチン酸ジカリウム

これら2種類の有効成分が配合されています。

敏感肌用化粧下地 dプログラム薬用スキンケアベースCC

トラネキサム酸は、美白成分として配合されることもありますが、抗炎症作用があり、肌荒れ予防にも効果的な成分です。グリチルリチン酸ジカリウムにも抗炎症作用や赤みを抑える働きがあり、ニキビ予防に効果的な成分です。

これらが配合されている化粧下地なので、日中も肌荒れ、ニキビの予防をしてくれます。

②補正理論から生まれた3色展開

薬用スキンケアベースCCは、肌色悩みに足りない色を追加するという考え方。色素沈着、シミ、クマに足りない黄色を追加して補正するなどして、肌色をコントロールしてくれます。

③肌荒れもカバー

肌荒れして、ザラツキのある肌でも大丈夫!光拡散効果のある球状粉末の光拡散によって、毛穴の陰影を消すことで、毛穴までも補正してくれます。

色だけでなく毛穴も目立たなくしてくれる効果があり、なめらかなツヤ肌へ仕上げてくれます。

④肌にやさしい低刺激設計

dプログラムは、資生堂の敏感肌向けブランドなので、共通して低刺激設計となっています。

紫外線吸収剤不使用、パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリー、無香料

さらに、敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み、アレルギーテスト済み、ニキビのもとになりにくい処方となっています。

dプログラム 薬用スキンケアベースCCを購入する

全成分

ナチュラルベージュ 全成分

トラネキサム酸*、グリチルリチン酸ジカリウム*、エリスリトール、濃グリセリン、精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、1,3-ブチレングリコール、メチルフェニルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、n-オクチルシリル化酸化チタン、ビスブチルジメチコンポリグリセリル-3、トリメチルシロキシケイ酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、水酸化アルミニウム、低粘度メチルハイドロジェンポリシロキサン、ステアリン酸、メタリン酸ナトリウム、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、ピロ亜硫酸ナトリウム、テトラデセン、フェノキシエタノール、酸化チタン、黄酸化鉄、ベンガラ、黒酸化鉄  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

ベビーピンク 全成分

トラネキサム酸*、グリチルリチン酸ジカリウム*、エリスリトール、濃グリセリン、精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、1,3-ブチレングリコール、メチルフェニルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ビスブチルジメチコンポリグリセリル-3、n-オクチルシリル化酸化チタン、トリメチルシロキシケイ酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、水酸化アルミニウム、低粘度メチルハイドロジェンポリシロキサン、ステアリン酸、メタリン酸ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、テトラデセン、フェノキシエタノール、酸化チタン、ベンガラ、黄酸化鉄  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

ブルーグリーン

トラネキサム酸*、グリチルリチン酸ジカリウム*、エリスリトール、濃グリセリン、精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、1,3-ブチレングリコール、メチルフェニルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ビスブチルジメチコンポリグリセリル-3、n-オクチルシリル化酸化チタン、トリメチルシロキシケイ酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、水酸化アルミニウム、低粘度メチルハイドロジェンポリシロキサン、ステアリン酸、メタリン酸ナトリウム、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、ピロ亜硫酸ナトリウム、テトラデセン、フェノキシエタノール、酸化チタン、グンジョウ、黄酸化鉄、酸化亜鉛  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回は、dプログラムの薬用スキンケアベースCCをご紹介しました。

肌荒れやニキビができているときも、きちんとメイクができるうえに、メイク中もスキンケアしてくれるので、肌トラブルが多かった女性にも嬉しい商品ですね。

肌悩みに合わせた色で、毎日のメイクが楽しくなるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です