角層の水分量UP!オルビス アクアフォースお試しセット3週間口コミレポ

今回紹介するのは、オルビスの人気ブランド”アクアフォース”。初めて発売された2000年から何度かリニューアルされ、2017年新アクアフォースが誕生しました。

アクアフォースはこんなあなたにおすすめ!

  • 乾燥肌でメイクノリが悪い、すぐにうるおう化粧水はない?
  • 夕方になると化粧崩れしてしまう
  • 潤いが続かない、すぐに乾燥する

など、こんな肌悩みありませんか?

アクアフォースは、乾燥肌で悩む20~30代の女性におすすめの高保湿化粧品です。どうしてそんなに潤うのか?保湿効果がある成分や理由について、また、本当に潤い効果は持続するのかなど、3週間のお試しセットを使った口コミレビューを紹介していきますね。

▷▷▷オルビス アクアフォースの詳細を公式サイトで見る

こんな肌悩みにおすすめ

オルビス アクアフォース
アクアフォースは、20~30代の乾燥に悩む女性におすすめのコスメブランド。特に、こんな悩みのある方におすすめです。

  • 毎日メイクのりが悪い
  • 夕方になるとメイク崩れが気になる
  • 乾燥による毛穴の開き
  • 乾燥肌にできる大人ニキビ
  • 肌の内側が乾くインナー
  • 肌の調子がいつも悪い

アクアフォース みんなの口コミ

オルビス アクアフォース 口コミ
大手口コミサイトのトライアルキット部門で1位獲得のオルビス アクアフォース。愛用者の口コミまとめました。

オルビス アクアフォース 口コミ

みずみずしいテクスチャーなので、本当に保湿力があるか、心配でしたが、使いはじめて3日ぐらい経つと、化粧水がぐんぐん浸透して感動しました。以前は、プレ化粧水を使わないと、化粧水のなじみが悪かったので驚いています。(30代後半 敏感肌:トライアルセット)

乾燥とアトピーとで悩んでいて、いろいろな化粧水を使ってみたけど肌に合うものが見つかりませんでした。アクアフォースはトライアルを使ってよかったので、現品を購入。浸透していく感じがあって、最近肌の調子がすごくいいです。(20代前半 乾燥肌:ローションM)

リニューアル前にもアクアフォースを使っていました。以前のものと比べると、今回のローションは水を蓄える効果が増したように思います。肌につけるとぷるっとして、みずみずしくなります!重ね付けしてもべたつかない、だけど、ちゃんと保湿されています。オイルカットでも保湿してくれるからか、長年悩んでいたニキビもできにくくなりました。(20代後半 敏感肌:ローションM)

アクアフォース 口コミをもっと見る

アクアフォース お試しセットの口コミレビュー

オルビス アクアフォース口コミ

オルビスの角層から潤うというアクアフォースのお試しセットを使ってみました。お試しセットで3週間もたっぷり使えるのって珍しく、お得な気分ですね。

では、アイテムごとに口コミレビューしていきますね。

ローションとモイスチャーは、L(さっぱり)とM(しっとり)の肌質に合わせた2タイプあります。今回使用する私が乾燥肌のため、ここでは、しっとりタイプのMを使った感想です。

①マイルドウォッシュ

オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

洗顔料のマイルドウォッシュです。チューブから出すと、クリーミーな洗顔料が出てきます。

オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

手で泡立てると、滑らかできめ細かい泡ができますが、もっちりモコモコした泡ではないですね。

オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

泡立てネットで同じくらいの量、1cm程度出して泡立てると、しっかりした濃密な泡が完成。

オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

逆さまにしても、落ちないくらいのしっかりとした泡です。

オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

柔らかくふわっとした感触の泡なので、肌に触れると気持ちがいいですね。

メイク汚れは落とせませんが、クレンジングの落ち残しや皮脂汚れなどがすっきり洗い落とせます。保湿成分も入っているおかげか、さっぱりしていながらも、突っ張り感のない洗い上がりです。泡切れもいいので、肌への負担も少なくて済みそう♪

②ローションM(しっとり)

オルビス アクアフォース ローション

洗顔後に使うローションです。これ本当にしっとりタイプだったかな?と思うほど、サラリとしたテクスチャーです。

オルビス アクアフォース ローション

みずみずしくて、とろみはないのですが、肌なじみがいいのに驚きです。「ごくごく浸透」という表現がまさにぴったりで、肌に乗せると、乾燥気味の肌にぐんぐん染み込んでいく感じです。

オルビス アクアフォース ローション

肌表面は、さらりとしているような、だけど、しっとり感もある不思議な感じ。角層をすぐに潤わせてくれているのを実感できます。

潤いが長続きするかどうかですが、乾燥がひどく、仕事場もエアコンが1日中ついているせいか、夕方になるとやや乾燥が気になります。使い続けると、気にならなくなるのかも?

③モイスチャーM(しっとり)

オルビス アクアフォース モイスチャー

こちらは透明のジェル状で、とろりとした柔らかいテクスチャーです。

オルビス アクアフォース モイスチャー

べたっとした感じではなく、みずみずしいテクスチャーで、肌の上ですーっと伸びていきます。

オルビス アクアフォース モイスチャー

物足りないかな?と思いきや、けっこうしっとりと肌が仕上がります。こちらも塗った瞬間から潤いを感じられる即効性がありますね。

ただ、ローション同様、ライン使いで試しても、夕方は少し乾燥が気になるかな?角層が整えば、潤いも持続しやすくなるのかなーと今後に期待です。

アクアフォースお試しセットを購入する

アクアフォース お試しセットの内容

オルビス アクアフォース トライアルセット

アクアフォースでは、たっぷりと3週間使えるお試しセットがあります。初めて使うという方は、こちらを利用して、お肌に合うか使ってみましょう。

  • マイルドウォッシュ:20g
  • ローション(さっぱりorしっとり):40ml
  • モイスチャー(さっぱりorしっとり):14g

価格:1,296円(税込)&送料無料 ※30日以内なら開封後の返品・交換可能

アクアフォース お試しセットを購入する

オルビス アクアフォースってどんなブランド?

オルビス アクアフォース トライアルセット

発売から17年目 リニューアルしてパワーアップ

2000年に初めて誕生したアクアフォースは、2017年リニューアルされて4代目となります。20~30代の女性が商品開発に携わり、同世代の女性の悩みに応えてくれるスキンケアとなっています。

  • 「毎日調子のいい肌」を作れるスキンケア
  • 潤いをすぐに、しかも長く実感できる

そのために、数百通りもの保湿剤の組み合わせを試し、お肌にぐんぐん浸透するスキンケアが誕生しました。

プチプラで続けやすい

オルビスのアクアフォースは、とにかく価格の安さも魅力的。

  • マイルドウォッシュ 1,404円(税込)
  • ローション(さっぱり・しっとり) 各1,620円(税込)
  • モイスチャー(さっぱり・しっとり) 各1,836円(税込)

と、すべてのアイテムを揃えても4,860円(税込)と5,000円以下というプチプライス。確かな効果と続けやすい価格が評判で、20代を中心とする若い女性からも人気です。

アクアフォース それぞれの特徴と使い方について

①マイルドウォッシュ

オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

無油分、無香料、無着色で、保湿成分「うるおいマグネットAQ」を配合。また、グリチルリチン酸ジカリウムを配合していて、肌荒れなどの炎症を防ぎます。

《マイルドウォッシュの使い方》
使用量の目安は1~2cmで、事前に手と顔をぬるま湯で流しておきます。手の平に目安量を取り、少量の水またはぬるま湯を加えて、きめ細かい泡ができるまでしっかり泡立てます。

顔の中心から外側へ、泡を転がすように優しく洗います。顔全体洗ったら、人肌程度のぬるま湯で10回以上ていねいにすすぎます。

※ベースメイク、ポイントメイクに関しては、クレンジング剤を使います。

②ローション

オルビス アクアフォース ローション

角層を潤わす新成分「うるおいマグネットAQ」、天然保湿因子の主成分であるアミノ酸類、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、界面活性剤不使用、無油分、無香料、無着色のローションです。しっとりタイプのローションMにはアルコールも含まれていません。

《ローションの使い方》
使用量の目安はティースプーン半分ほど。洗顔後、手の平になじませて、下から上へ、顔全体の肌を包み込むようになじませます。乾燥が気になる部分は重ね付けします。

③モイスチャー

オルビス アクアフォース モイスチャー

ローション同様、うるおいマグネットAQ、アミノ酸類、グリチルリチン酸ジカリウムを配合したジェルのようなテクスチャー。

《モイスチャーの使い方》
使用量の目安は、小豆1~2粒程度で、化粧水で肌を整えた後、手の平に取り、顔全体にやさしくなじませます。口元、目元など乾燥しやすい部分には重ね付けします。また、季節やその日の肌状態に合わせて量を調整することもおすすめです。

アクアフォースの詳細を公式サイトで見る

アクアフォースの潤う秘密や成分

オルビス アクアフォース 特徴

新成分「うるおいマグネットAQ」配合

オルビス アクアフォース うるおいマグネットAQ

新しく配合されて、保湿効果を高めている成分は「うるおいマグネットAQ」です。私たちの皮膚は、表皮のすぐ下にある角質層があり、そこに、細胞間脂質と天然保湿因子が層になって並んでいます。

これらのどちらかが不足して、スカスカの状態になると、肌は水分を保てなくなる、バリア機能が低下するため、さまざまな肌トラブルを起こします。

アクアフォースの「うるおいマグネットAQ」は、角層の隙間にピタッと密着。潤いを吸い付けるように引き寄せます。これが素早く潤う秘密です。さらに、浸透させた潤いと角層をくっつけて、繋ぎとめるという働きもしてくれます。そのため、角層の水分量が保たれ、潤いのある肌を持続することができる効果があります。

天然保湿因子(NMF)の主成分配合

ローションとモイスチャーに含まれるアラニン、グリシン、セリンという成分はアミノ酸類です。これらは、角質層の天然保湿因子(NMF)の主成分であり、タンパク質の元になっている成分です。
保湿効果が高く、角質層の水分量を整えてバリア機能を高めます。

アクアフォース お試しセットを購入する

アクアフォースに関するQ&A

アクアフォース うるおいマグネットAQお試しセット

アクアフォースのスキンケアに関しての質問をまとめました。

敏感肌でも使える?

無香料、無着色、界面活性剤不使用で、肌に優しい処方になっているため、敏感肌でも使うことができますが、ローションL(さっぱり)には、アルコールが含まれるので、肌が敏感な場合は、刺激を感じるかもしれません。ローションM(しっとり)であれば、アルコールフリーです。
と言っても、すべての肌質に肌トラブルが起こらないとは限らないので、必ず、使用前にはパッチテストを行うことをおすすめします。お試しセットでまずは試してみましょう。

ニキビ・ニキビ跡にも効果がある?

アクアフォースの全商品に、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。これは肌の炎症を抑える効果があり、ニキビケア商品に配合されている成分です。そのため、アクアフォースは、乾燥が原因の大人ニキビの予防や改善にもおすすめです。

中身を詰め替える時の注意点は?

①手をよく洗って、清潔な状態で詰め替えましょう。
②容器は水道水の流水でよく洗います。自然乾燥で、完全に乾いてから詰め替えます。
③必ず同じ商品の容器に詰め替えてください。
④ポンプの場合は、ポンプも水道水の流水でよく洗い、自然乾燥してください。

アクアフォース お試しセッを購入する

全成分

マイルドウォッシュの全成分

水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、BG、デシルグルコシド、糖脂質、グリチルリチン酸2K、ローズマリーエキス、ラウリン酸ポリグリセリル-10、PCAイソステアリン酸グリセレス-25、ポリクオタニウム-7、セルロースガム

フェイシャルソープの全成分

部分水添パーム脂肪酸、水、スクロース、グリセリン、パーム核脂肪酸、水酸化Na、ソルビトール、エタノール、ラウリン酸、ベヘン酸、グリチルリチン酸2K、海塩、褐藻エキス、紅藻エキス、緑藻エキス、BG、エチドロン酸

ローションの全成分

《さっぱり(L)》
水、BG、グリセリン、ソルビトール、エタノール、糖脂質、褐藻エキス、アラニン、グリシン、セリン、グリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、ジグリセリン、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

《しっとり(M)》
水、BG、グリセリン、DPG、ソルビトール、糖脂質、褐藻エキス、アラニン、グリシン、セリン、グリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、グリセレス-12、ジグリセリン、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

モイスチャーの全成分

《さっぱり(L)》
水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、糖脂質、アラニン、グリシン、セリン、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、PEG-75、BG、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

《しっとり(M)》
水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、糖脂質、アラニン、グリシン、セリン、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、PEG-75、BG、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

まとめ

ある程度、油分も必要と思っていましたが、オイルフリーでもけっこうしっとり潤うスキンケア。ベタツキ感が嫌いという方にもおすすめです。

バシャバシャと惜しみなく使えるテクスチャー、価格帯なのもうれしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です