コスメコンシェルジュ厳選!冬の保湿化粧品を11ブランドからBest5

保湿化粧品 コスメコンシェルジュ 選ぶ りびはだ座談会

2019年1月10日、美容家の皆様にお集まりいただき、「冬に選びたい保湿化粧品」というテーマで座談会を開催いたしました。

この座談会を開催するにあたり、10の企業様よりご協力いただき、11ブランドもの保湿化粧品が集まりました!

ご協力いただいたコスメブランド一覧


①ディセンシア アヤナス
敏感肌×エイジングケアができるディセンシア アヤナスコンセントレート
アヤナス公式HP
②エトヴォス
ヒト型セラミドを5種類配合の高保湿化粧品エトヴォス
エトヴォス公式HP
③オルビスユー
細胞フィットネスがコンセプトの30代~のスキンケアを「オルビスユー」
オルビスユー公式HP
④米肌
ライスパワーエキス№11配合米肌
米肌公式HP
⑤エリクシールシュペリエル
資生堂エイジングケア エリクシールシュペリエル
エリクシール公式HP
⑥dプログラム
資生堂の敏感肌向けブランドdプログラムのモイストケアdプログラム公式HP
⑦ヒフミド
ヒト型セラミド3種類配合のヒフミド
ヒフミド公式HP
⑧ドモホルンリンクル
漢方エキスやコラーゲン配合のドモホルンリンクル
ドモホルンリンクル公式HP
⑨ノブⅢ
臨床皮膚医学の元開発されている敏感肌のためのスキンケア ノブⅢ
ノブⅢ公式HP
⑩ビーグレン
浸透技術キューソーム採用のビーグレン 保湿ケア
ビーグレン公式HP
⑪白漢 しろ彩
赤ら顔や敏感肌のための漢方エキス配合の白漢 しろ彩
しろ彩公式HP

ご協力ありがとうございました。

冬に選びたい保湿化粧品 美容家が選んだブランドは?

冬に選びたい保湿化粧品を美容家が厳選するりびはだ座談会

△11ブランドの保湿化粧品をお試しするコスメコンシェルジュの皆様

11ブランドの保湿化粧品の特長をお伝えしながら、実際に化粧水やクリーム、乳液などを手に取ってテクスチャーや使用感を確認していただきました。

冬に選びたい保湿化粧品を厳選するりびはだ座談会

△化粧品の特長を聞いてくれているコスメコンシェルジュの皆様

最後にアンケートにて、どのブランドを使ってみたいか?お選びいただいた結果を発表いたします!(複数回答可・化粧水やクリームごとの回答もありましたが、合算して集計しています。)

1位:ディセンシア アヤナス

敏感肌&エイジングケアができるディセンシア アヤナスコンセントレート

《特長》

肌荒れしやすい敏感肌と乾燥による小じわやたるになど年齢肌のケアの両方が同時にできる、敏感肌向けスキンケアブランドです。

水分蒸発を防いだり、外部刺激から肌を守ってくれるディセンシア独自技術「ヴァイタサイクルヴェールR」をクリームに採用。

また、ストレスによって起こる肌内部の冷えなどにもアプローチしてくれる成分を配合しているので、ストレス社会で頑張る女性の味方ともいえます。

《選んだ理由》

  • メーカーさんのこだわりを感じた
  • 敏感肌×エイジングケアができる
  • セラミドナノスフィアの効果に期待したい
  • 膜を作ってくれるので、クリームがよさそう
  • ストレスに作用するコスメを使ってみたかった!
  • 水分を逃がさない機能とバリア機能を発揮するクリームが冬の保湿には特によさそう
  • ストレスケアというところが30代の私に響いた

アヤナスコンセントレート公式HP

2位:エトヴォス

皮膚科医監修 ヒト型セラミド5種類配合エトヴォスのモイスチャーライン

《特長》

もともとエトヴォスの代表が肌荒れに悩んでいたところから開発がスタートしたブランド。皮膚科医監修のもと、乾燥肌に必要な成分を凝縮して配合。

特に、今回ご用意しました「モイスチャライジングクリーム」には、5種類もの「ヒト型セラミド」が配合されているので、カサカサ乾燥肌におすすめです。

肌への優しさにもこだわっていて、シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、タール系色素は不使用です。

《選んだ理由》

  • こっくりとしたテクスチャーが良かった
  • 現在使用中のスキンケアもナチュラルサイエンスコスメなので、エトヴォスも肌に合いそう
  • 保湿化粧品を選ぶときに重視している「セラミド」も配合されているので。
  • 特に、化粧水は浸透がよく、テクスチャーが気に入った
  • セラミド配合で、土台から整えられそう

エトヴォス 公式HP

3位:オルビスユー

細胞フィットネスがコンセプトのオルビスユー

《特長》

足りないものを与えるのではなく、肌が持つ本来の機能を引き出す+細胞を鍛えてキレイになる「細胞フィットネス」がコンセプトのスキンケアブランド。

細胞内に水を取り込む通り道「アクアポリン」というたんぱく質に着目し、そのアクアポリンを増やす「キーポリンブースター」成分を配合しています。

毎日気持ちよく使えるよう、テクスチャーにもこだわっていて、化粧水は肌の上で弾ける「とろぱしゃ」、クリームは、チーズスフレのような、ふんわりとした感触です。

《選んだ理由》

  • 化粧水はとろっとした感触のわりに、浸透率いいところ。
  • クリームのべたつきがなく、さらっとしていながら保湿力が高そう

オルビスユー公式HP

3位:米肌

ライスパワーエキス№11配合 米肌

《特長》

セラミドの産生量を増やし、肌内部の水分保持能を高める効果が認められている「ライスパワーエキス№11」を配合したKOSEの保湿化粧品ブランド。

お米由来のライスパワーエキス№11の他に、日本古来からの発酵技術を活かした保湿成分「大豆発酵エキス」や「ビフィズス菌発酵エキス」なども凝縮されています。

自らの肌でセラミドを産生して増えるので、内側からふっくらとした潤いたっぷりの肌へ導いてくれるため、たるみ毛穴、ほうれい線が気になっている女性に人気。

《選んだ理由》

  • 特にクリームがこっくりとしたテクスチャーで夜用に使いたい

米肌公式HP

3位:ヒフミド

小林製薬 3種類のヒト型セラミド配合のヒフミド

《特長》

小林製薬開発の保湿化粧品ブランドで、肌になじみやすい「ヒト型セラミド」を3種類(セラミドⅠ・Ⅱ・Ⅲ )、すべてのアイテムに配合。

エッセンスクリームには、ヒト型セラミドが4%という高濃度に配合されているので、高い保湿効果に期待できます。

《選んだ理由》

  • クリームはべたつきがなく、さらりとしていても高い保湿力に期待できそう
  • セラミド配合で、敏感肌にも使いやすそう

ヒフミド公式HP


3位は同率でした。今回は「冬に選びたい保湿化粧品」というテーマでしたので、保湿力重視で選んでいただきましたが、「エイジングケアによさそう」という意見では、「エリクシールシュペリエル」や「ドモホルンリンクル」を使ってみたいという声もあがってました!

保湿化粧品を選ぶときに重要視することとは?

化粧品を選ぶ女性

保湿化粧品というからには、保湿力はもちろんですが、美容のプロは、ほかに、どんなことを重要視して選ぶのでしょうか?

保湿成分(特にセラミド配合)、テクスチャーはしっとり系(でも気持ち悪いべたつきはNG)、価格とのバランス

敏感肌でも使える低刺激なもの、保湿力の高いもの

テクスチャーや成分、保湿の持続力

医薬部外品かどうかも基準の一つ。有効成分の効果が認められているため

コスパと保湿されているー!という実感

浸透力、水分力の持続性

保湿化粧品を見直すタイミングは?

保湿化粧品を見直すタイミング

いつも使っている保湿化粧品なのに、なぜか保湿力に満足できなくなった、肌の調子がいまいち…と感じたら、化粧品を見直すタイミング?

美容のプロは、どんなときに、保湿化粧品を見直すのか?そのタイミングを聞いてみました。

季節はもちろん、普段問題なく使っていたコスメで、肌の状態が悪くなったと感じたとき

夏と冬、5歳ごとの節目、生理前の肌荒れしやすい時期に一時的に変えることも

肌トラブルが起こったとき、気になる化粧品が発売されたとき

使用中の化粧品に物足りなさを感じたとき

年齢を重ねて・季節によって・使っている化粧品が肌に合わなくなって、という意見が多いですね。年齢とともに、皮脂やうるおい成分は、どうしても減少してきます。

今使っているコスメは気に入っているけど、肌の調子が…と悩みはじめたら、一度思い切って、化粧品を変えてみるのもおすすめです。

また、朝はさっぱりめ、夜は濃厚と、朝晩使うスキンケアを分けているという声も多く聞かれました。

美肌のためには保湿ケアは1年中が基本

美肌のためには保湿ケアは必須

今回の座談会でお集まりいただいた8名の美容家さんたちは、皆さん、ツヤと透明感があってお肌がキレイ!!

アンケートでは、「保湿化粧品を必要と感じるときの肌状態」や「普段から保湿ケアには気を付けていますか?」というご質問もさせていただきましたが、やはり1年中、保湿には気を付けているという方がほとんどでした。

やはり美肌キープのためには「保湿」は欠かせないポイントですね。

バリア機能が低下するとすぐに肌荒れするので、保湿は欠かせない

ニキビなど、肌荒れが起きたとき、保湿ケアをすると安定したので、化粧水や乳液は保湿メインで選ぶ

ご協力いただきいた【大阪】東心斎橋「ビストロ クロ・ド・クー」

りびはだ座談会のために場所と美味しいお料理を提供していただきました、大阪 東心斎橋にある「ビストロ クロ・ド・クー」様の店舗情報です。

大阪 東心斎橋にある「ビストロ クロ・ド・クー」

△一人一人のお皿に名前を入れてくれる大阪 東心斎橋にある「ビストロ クロ・ド・クー」

  • 住所:〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-17-9
  • 電話番号:06-6244-9696
  • 営業時間:11:30-14:00(LO)、18:00-21:30(LO)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
  • URL:http://www.le-clos.jp/shop/shop-dekuro/

 

1階のカウンター席は、おひとり様ごはんにもおすすめで、気軽にフレンチが楽しめます。

りびはだ座談会 フォトライブラリー

まとめ

今回は、寒さが急に厳しくなった日だったにもかかわらず、8名のコスメコンシェルジュの皆様にお集まりいただき、座談会を開催することができました!

りびはだ座談会は、初めてのことだったので、行き届かないことも多々あったかと思いますが、フレンドリーで素敵な皆様と和気あいあいと楽しい時間を過ごすことができました。

また、今回はご縁があって、商品もご提供いただきました「ディセンシア」様もご参加いただき、コスメの詳しいお話も聞くことができ、より盛り上がったかなと思います。

今後も、こうした機会を設けて、化粧品のことや美容のことについて、みんなで意見交換できたら嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です