りびはだ

そのシミ濃くなる前に!シミ消すサプリの効果で徹底美白ケア始めませんか?

シミ消すサプリ

こんにちは、お肌は何歳からでも再生できるをコンセプトに美容情報をお届けしています、りびはだ(Re・美肌)です。

 

今回は、できてしまったシミに悩む女性のために内側からできる美白ケア「シミ消すサプリ」を紹介します。

 

  • できたシミが濃くなってきた
  • 最近シミが増えてきた
  • メイクでも隠しにくいシミがある
  • シミのせいで老けて見られる
  • 美白化粧品だけでは効果が感じられない

 

とお悩みの方必見です!

 

シミを消すのに効果的なサプリメントの選び方やおすすめの美白ケアサプリを紹介しますね。

 

▷▷▷シミ消すサプリ おすすめはこちら

目 次


どうしてシミができるの?

むくみの原因

まず、シミができる原因について説明していきましょう。

 

①紫外線による老人性色素斑

シミの原因のほとんどが「紫外線」によるものです。老化の原因の80%が光老化と言われていて、シミだけではなく、シワやたるみなどの肌老化を加速させます。

 

紫外線

 

紫外線に当たりすぎると、皮膚がんなどの危険性もあるため、そんなダメージから肌を守るために、私たちの皮膚はメラニン色素を発生させます。メラニン色素=悪者扱いされがちですが、実は、重要な働きをしているのです。

 

メラニン色素が発生しても、肌のターンオーバーが正常であれば、古い角質とともに排出されるのですが、年齢とともにターンオーバーの周期も乱れるので、シミが居座り続けます。また、紫外線を浴び続けていたり、体内の神経経路が乱れていると、メラニン色素が継続して発生しつづけるので、なかなかシミが消えない。。。という悩み続けることになります。

②ケガ・炎症による炎症後色素沈着

紫外線のダメージだけでなく、皮膚の炎症やケガによってもメラニン色素を発生します。これも皮膚細胞が損傷するのを防ぐためです。

③摩擦による色素沈着

摩擦のダメージでもシミやくすみの原因になります。刺激の強いスクラブ洗顔やナイロン素材のブラシでの洗顔は禁物です。

④血行不良によるくすみ

肩こり、首のコリがひどく、顔の方にまで血液が回りにくくなると、酸素や栄養不足になり、くすみを生み出します。しかも、肌のターンオーバーが遅くなり、発生したメラニン色素を排出しにくくなりシミが残りやすくなります。

⑤女性ホルモンバランスの乱れ(肝斑)

2種類の女性ホルモン、プロゲステロン、エストロゲンのうち、後者のエストロゲンは別名「美肌ホルモン」と呼ばれていて、肌の水分量やコラーゲンの維持に欠かせないホルモンです。年齢とともに、このエストロゲンが減少していくため、肌の貼りや弾力が失われます。また、ターンオーバーも正常でなくなるため、シミも残りやすくなります。

 

エストロゲンの分泌は、年齢とともに減少するだけでなく、食生活、生活環境の乱れ、ストレスなどで、20代の若い女性でも分泌量が減少している場合があります。

 

また、肝斑(かんぱん)という頬や目の下などに左右対称にできるシミについては、はっきりとした原因はまだ分かっていないものの、女性ホルモンバランスと深く関係していると言われています。30代以降の女性や妊娠中の女性にできやすいのが特徴で、50代以降や出産後に消える場合もありますが、紫外線の影響で濃くなるので、紫外線対策は必須です。

⑥内蔵機能の低下

「顔は内蔵の鏡」と言われていて、内蔵の機能低下、内臓疾患が顔に現れることがあります。特に目の周りは、腎機能低下などの内臓疾患が原因していることもあります。

シミができて消えるまでの過程とは?

表皮の下の基底層の細胞内にある「メラノサイト(色素形成細胞)」の中にある「メラノソーム」という袋の中で、メラニン色素が作られます。紫外線などのダメージを受けると、皮膚の内側では炎症を起こします。これによって、メラニン生成のもととなる「酵素チロシナーゼ」が活性化してメラニン色素の生成を促します。

 

メラニン色素

 

生成されたメラニン色素は、有棘層、顆粒層へと細胞の形を変えながら押し上げられていき、やがて肌表面まできて、古い角質となって剥がれ落ちていきます。これが一般的に28日周期で繰り返されるターンオーバーです。


シミを消す美白サプリの効果とは?

シミを消すサプリの効果

シミを消すための美白サプリには、普段の食事では摂れない成分が配合されていて、血行を促進させたり、肌のターンオーバーを促してくれるので、体の内側からの美白ケアが可能です。すぐには効果が感じられないかもしれませんが、細胞が生まれ変わる3ヶ月を目安に継続して飲むことで、効果を実感しやすくなります。

シミ消すサプリで消えるシミの種類

シミ消しサプリで効果のあるシミの種類
①紫外線による老人性色素斑
②ケガ・炎症による炎症後色素沈着
③摩擦による色素沈着
④血行不良によるくすみ
⑤女性ホルモンバランスの乱れ(肝斑)
⑥内蔵機能の低下

 

肌のターンオーバーを促すことで、シミを外へ排出できる効果に期待できるシミを消すサプリは、紫外線や炎症など外部刺激による色素沈着(シミ)を消す効果に期待できます。また、疲労回復や血行促進効果のある成分が配合されていれば、体全体のめぐりも良くすることがで、顔全体のくすみや目の下のクマを改善することもできます。血行不良や冷えを改善することで、女性ホルモンバランスが整う効果にも期待できるので、女性ホルモンバランスの乱れによるシミ改善にもつながる場合があります。

ただ、内臓疾患によるシミ・くすみの場合、病院での診察を受けることが先決です。内臓機能の低下であれば、毎日の生活習慣や食生活を見直しながら、サプリを摂り入れていくと効果に期待できます。

 


本気でシミを消したいなら選ぶ成分はコレ

シミ消しサプリの成分

できてしまったシミを本気で消したいという方におすすめの成分を紹介。

L-システイン

L-システインは、体内で合成されるアミノ酸の一種で、皮膚だけでなく髪の毛、爪などにも多く存在しています。L-システインには、シミをの原因となる黒色メラニンの生成を抑制することができるので、美白効果がある成分として有名です。

 

また、肝機能の改善効果もあるとされていて、肝臓が正常に働くことで、メラニン色素の生成を抑制します。L-システインは、メチオニンという必須アミノ酸が材料となって生成されます。そのため、メチオニンを含む食品(鶏肉、牛肉、マグロ、カツオ、牛乳、チーズ、豆腐、納豆など)を摂ることで生成量を増やすことができますが、日常の食事では多く摂取することが難しいというのが現状で、サプリメントでの摂取がおすすめです。

アスコルビン酸(ビタミンC)

美白成分として有名なアスコルビン酸(ビタミンC)。抗酸化作用が高い成分で、メラニン色素を還元したり、コラーゲン生成のサポートもしてくれる美肌には欠かせない成分です。

先に挙げたL-システインの効果を高める作用もあるため、一緒に摂取することがおすすめです。

ビタミンB2

レバーやうなぎ、いわしなどに多く含まれているビタミンB2は、皮膚のターンオーバー促進、血液循環の改善などに効果があり、シミを早く外に追い出す効果に期待できます。

ビタミンB6

肉類、特にレバーに多く含まれるほか、卵黄や豆類にも含まれるビタミンB6は、皮膚のターンオーバーを促進してくれます。また肌の乾燥を防いで、ツヤのある肌に導いてくれます。


シミを消すサプリの選ぶときの3つのポイント

シミを消すサプリを選ぶのポイントを紹介しましょう。

①シミを消すのに効果的な成分が配合されている

上記で紹介しました、シミを消すのに効果的な成分を参考にして選びましょう。

 

L-システイン アスコルビン酸 ビタミンB2 ビタミンB6

 

②続けやすい価格

サプリメントは最低でも3ヶ月継続して摂取することで効果を実感しやすくなります。継続しやすい価格帯で選びましょう。毎月届く&割引料金で買える定期購入があるものも、買い忘れることがないので安心です。

あまり低価格なものは、配合量や配合成分が少ないことがあり、あまり効果を実感できない場合があります。毎日飲むものなので、品質にもこだわりたいですね。

③飲みやすさ

形状、においなど飲みにくいサプリメントは続かなくなります。自分に合ったもので、飲みやすいものを選ぶようにしましょう。


シミを消すサプリ おすすめ人気ランキング

  • できたシミを消した
  • くすみのない透明肌を手に入れたい

 

という方におすすめの美白サプリを紹介しています。

ロスミンローヤル

シミ、小じわにも効果がある「ロスミンローヤル」。シミ以外にも「小じわ」に効く医薬品はこのロスミンローヤルだけ

シミの原因となるメラニン色素に働きかけるL-システイン、アスコルビン酸をはじめ、22種類の有効成分の相乗効果によって、シミ、シワのほかにも、冷え性や肩こりなど、女性に多い悩みも解決してくれます。また9種類の生薬が配合されているので、血行を促進し、お肌の毛細血管に酸素や栄養素を行き渡らせ、ターンオーバーを促進してくれるので、新しい皮膚細胞に生まれ変わるのを手助けしてくれます。

 

ロスミンローヤル 実際に飲んでみた口コミレビューはこちら

成分・分量(9錠中)

ローヤルゼリー 50mg カルニチン塩化物 50mg
L-システイン 160mg 安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
DL-メチオニン 100mg グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg トウキ末 100mg
ビタミンE散(50%) 50mg シャクヤク末 200mg
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg ブクリョウ末 150mg
リボフラビン(ビタミンB2) 10mg ソウジュツ末 150mg
ニコチン酸アミド 30mg タクシャ末 100mg
パントテン酸カルシウム 15mg センキュウ末 100mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg ハンゲ末 100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg ニンジン末 100mg

 

添加物:黄色5号、バレイショデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、無水ケイ酸、ケイ酸AI、lステアリン酸Mg、ヒプロメロース、白糖、酸化チタン、アラビアゴム、ポピドン、カルナウバロウ

効果効能

 

  • しみ、そばかす、にきび、はだあれ、小じわ
  • 肩こり、腰痛、神経痛
  • のぼせ、目まい、みみなり 冷え症、手足の冷感、腰部冷感
  • 妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給
 

ロスミンローヤル商品情報

用量用法 3錠/1回 1日3回
内容量 270錠(30日分)
通常価格 7,600円(税別)
初回購入  1,900円(税別) 定期購入申し込み 送料700円無料
定期購入 2回目以降:5,600円(税別)

 


キミエホワイト

 

L-システインを今までの1.5倍に増量し、シミ・ソバカスの緩和から「シミ・ソバカスに効く」医薬品としてパワーアップしたキミエホワイト。L-システインの効果を高めるアスコルビン酸配合のほか、あらたに新陳代謝アップやニキビ、湿疹、かぶれなどさまざまな肌トラブルを改善してくれる新成分「パントテン酸カルシウム」も配合され、美肌へ導く医薬品として人気。疲労回復効果や二日酔いにも効果があり、男性にもおすすめです。

成分・分量

L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
パントテン酸カルシウム 24mg

 

添加物:セルロース、無水ケイ酸、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム、ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体、ヒプロメロース、酸化チタン、カルナウバロウ

効果効能

 

しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症、にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ、全身倦怠、二日酔

 

キミエホワイト商品情報

用量用法 1錠/1回 1日3回
内容量 93錠(31日分)
通常価格 4,200円(税別)
初回購入 1,900円(税別)+送料700円
定期購入 2回目以降:送料無料

 

ミルセリン ホワイト

 

ビタミンCが高配合の医薬品「ミルセリンホワイトNKB」。1日1000mgものビタミンCを摂取できるので、喫煙などビタミンCの消費が多い人におすすめ。メラニン色素の黒化を防ぐL-システインも配合されていて、できたシミにしっかりアプローチ。

さらに、ビタミンE、ビタミンB2、B6が肌のターンオーバーを促進して、シミの排出を促します。低価格なのも魅力的なポイント。

成分・分量(6錠中)

アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 50mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg

 

添加物:トウモロコシデンプン、乳糖水和物、セルロース、CMC、ヒドロキシプロピルセル、ロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、酸化チタン、タルク、大豆レシチン、カルナウバロウ

効果効能

 

①次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着

②にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

③次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血

「ただし、①および③の症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師又は歯科医師に相談してください」

④次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

ミルセリンホワイトNKB商品情報

用量用法 2錠/1回 1日3回
内容量 180錠(30日分)
通常価格 2,980円(税込)
定期購入 2,200円(税込)

トランシーノ

 

メラニン色素の生成を抑制するL-システインとアスコルビン酸に、血行を促進するビタミンB2、B6を配合。さらにシミを追い出す天然型ビタミンEを配合して、シミを消す「トランシーノ ホワイトC」。ドラッグストアなどでも手に入りやすく、手頃な価格帯なのもポイント。

成分・分量(6錠中)

アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 50mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg

 

添加物:トウモロコシデンプン、乳糖、セルロース、CMC、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、酸化チタン、タルク、大豆レシチン、カルナウバロウ

効果効能

  • 次の諸症状の緩和

しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着

  • 次の場合の出血予防

歯ぐきからの出血、鼻出血

  • 次の場合のビタミンCの補給

肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

 

トランシーノ ホワイトC商品情報

用量用法 3錠/1回 1日2回
内容量 90錠(15日分) 180錠(30日分)
通常価格 1,600円(税別) 2,600円(税別)

ハイチオール プルミエール

 

シミにアプローチするL-システイン、アスコルビン酸に、肌細胞の新陳代謝を促す効果のあるパントテン酸カルシウムを配合しているハイチオールC プルミエール。

ニキビや湿疹、蕁麻疹などの肌トラブルの他にも、二日酔いや全身倦怠にも効く医薬品で、疲れやすいという方にもおすすめです。

成分・分量(4錠中)

L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 300mg
パントテン酸カルシウム 24mg

 

添加物:無水ケイ酸、セルロース、乳酸Ca、白糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、炭酸Ca、カルナウバロウ、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン、プルラン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

効果効能

しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症 全身倦怠 二日酔い にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

 

ハイチオールC プルミエール商品情報

用量用法 2錠/1回 1日2回
内容量 60錠(15日分) 120錠(30日分)
通常価格 2,480円(税別) 4,500円(税別)

シミ消すサプリの飲み方

美白サプリの飲み方

各メーカーの説明書に記載されている用量、飲み方を守りましょう。

ここで紹介しているのは医薬品なので、食前食後など飲むタイミングも決められているため、それを守って飲んでください。飲むときは、水またはぬるま湯で飲んでください。

シミ消すサプリの注意点

飲み合わせについて

「ロスミンローヤル」に関しては、

指定の成分、食べ物やサプリはございませんが、次の方は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

①医師の治療を受けている人。

②薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

とのこと。

日常における、食事との飲み合わせには特に心配することはありません。

保管方法

湿気の少ない、直射日光の当たらない場所に保管してください。開封後は、きちんとフタを閉めることも忘れずに。

 

美白サプリ

サプリの効果を高めるスキンケア

美白スキンケア

サプリだけでなく、美白のためのスキンケアや日常の紫外線対策でさらに効果を高めることができます。

①紫外線対策は必須

紫外線対策グッズ

新しいシミを作らないためにも紫外線対策は必須です。日傘、防止、アームカバーなどのアイテムも効果的。UVカット効果のある日焼け止め、ファンデーションなどの使用も必須ですが、紫外線吸収剤が配合されているものは、肌には負担となるので、使用はおすすめできません。また紫外線吸収剤配合の日焼け止め、乳液、ファンデーションなどの重ね付けもNGです。

②毎日のケアには美白化粧品を使う

美白化粧品

メラニンの生成を抑制する、メラニン色素の還元作用のある「ビタミンC誘導体」は、できたシミを消すのにも、これからできるシミの予防にもおすすめの成分です。毎日の美白ケアに取り入れるのにおすすめです。

▷▷▷おすすめのビタミンC誘導体配合美白化粧品はこちら

③できたシミを集中的にケアするスポット美容液(クリーム)

シミ集中ケア

できたシミ、濃くなったシミを集中的にケアして、早く消したいのであれば、ハイドロキノンなどの強力な美白成分を配合した美容液やクリームがおすすめです。ピンポイントに塗って、できたシミにアプローチします。シミを消すサプリと併用することで、早い改善に期待できます。

▷▷▷できたシミにピンポイントに使うクリームはこちら

④肌の再生力を高めるために睡眠の質を高める

睡眠の質

夜22時~2時の間は「お肌のゴールデンタイム」です。成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯で、お肌の再生力が高まります。この時間には、ぜひ就寝しておきたいところ。ただ忙しい現代女性にとっては、この時間の睡眠は難しいという人も。。。そこで、できるだけ短時間でも質のいい睡眠が取れるように工夫を。

リラックス効果のあるアロマを焚いたり、寝る前に軽いストレッチをするなどしてみましょう。

⑤筋トレで代謝アップ

美白ケア 筋トレ

「筋トレ」と言われると、イヤだな~と思う女性も多いかもしれませんが、お肌の代謝アップには筋トレは効果的。毎日少しずつスクワットや腹筋を取り入れてみましょう。少ない回数でいいので、毎日続けることが重要です。

⑥半身浴やストレッチで血行促進アップ

プチ断食

血液循環が悪いと、お肌に栄養が行き届かなくなったり、新陳代謝も滞ってしまいます。お肌の新陳代謝アップのためにも血液循環を良くしておくことは重要ポイント。半身浴やストレッチなどで血行を促しましょう。肩や首のコリがひどい人は、リンパマッサージや整体などプロの手を借りて、血行促進アップもおすすめです。

⑦バランスのいい食事を摂る

サラダ

サプリだけに頼らず、毎日の食事からもビタミンCやビタミンB群を摂取できるよう、食事バランスを見直しましょう。また、酵素不足は新陳代謝を低下させる原因にもなります。熱によって壊れてしまう酵素を食品で摂取するには、生の野菜や果物を食べることがおすすめ。体を冷やすからと温野菜ばかり食べていると、酵素不足に陥ります。

食事はバランスよく取るようにしましょう。

⑧腸内環境を整える

腸内環境

便秘は肌くすみの原因になるうえに、吹き出物もできやすくなります。ニキビや吹き出物は、炎症後色素沈着の原因になり、新しいシミを作り出してしまいます。便秘がひどい人は、腸内環境を整えることも大切。

日本人の腸内環境を整えるには、昔から日本人が口にしている味噌やぬか漬けなどの発酵食品がおすすめです。

⑨女性ホルモンバランスを整える

女性ホルモンバランス

女性にとっての美肌ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」の分泌量が少ないと、お肌のターンオーバーが滞りがちになります。生理不順、生理痛がひどい、PMS症状がつらいという人は女性ホルモンバランスを整えることも必要。

自律神経のバランスが乱れることでも、女性ホルモンバランスが崩れる原因になるので、夜更かしやストレスの溜め込みはNG。食事には大豆イソフラボンを含んでいる、納豆や豆腐、味噌などの大豆類を摂るようにしましょう。

⑩甘い食べ物は控える

甘いものNG

紫外線や肌の炎症などは活性酸素を生み出し、お肌を酸化させ、シミやシワなどの老化肌の原因になることは有名ですが、糖化については知っていますか?

糖化とは、体内で余分な糖とタンパク質と結びついて、タンパク質が変性して劣化することで「AGEs」という老化物質が生成される反応です。このAGEsは、肌くすみの原因になり、茶褐色のシミを作ります。甘い食べ物が好きな女性にとっては辛いと思いますが、食べ過ぎは禁物です。

シミ消すサプリに関するQ&A

大豆イソフラボンサプリメントQ&A

シミを消すサプリに関するよくある質問をまとめています。

Q1.妊婦・授乳中でも飲むことはできますか?

妊娠中、授乳中の栄養補給にもなるものもありますが、デリケートな時期なので、メーカーの説明書を必ず確認してください。また、心配な場合は、担当医師に相談したうえで摂取するようにしましょう。

Q2.男性のシミでも効果はありますか?

肌のターンオーバーを促進するという、シミを消す過程は男女関わらず同じなので、男性のシミへの効果にも期待できます。

Q3.シミへの効果はどのくらいで実感できますか?

肌の細胞の生まれ変わりは、最低でも3ヶ月かかると言われています。一般的なサプリでも医薬品でも、まずは3ヶ月を目安に継続して摂取してください。

Q4.黄色い尿が出ることがあるけど大丈夫?

ビタミンB2が配合されていると、尿と一緒に排泄されることがありますが、何の問題もありません。

まとめ

シミは放っておくと、どんどん濃くなっていったり、新しく増えていきます。隠そうとすると厚ぼったい化粧になり、実年齢よりも老けて見られることも。。。ナチュラルメイクでも透明感があり、血色のいい若々しいお肌を目指すなら、シミ消しサプリと美白スキンケアの併用がおすすめです。


皮膚構造と同じラメラ構造だから1本で潤う
コンシダーマルスキンライズローション

お知らせ

春~夏の美白ケア特集

最新記事

カテゴリ

サイト情報

この内容で送信します。よろしいですか?