りびはだ

できたシミをピンポイント集中ケアする美白化粧品ランキング

バリア機能を回復する

こんにちは、お肌は何歳からでも変わることができる!をコンセプトに美容情報をお届けしています、りびはだ「Re・美肌」です。

 

今回は、できてしまうと憂鬱になる「シミ」をピンポイントで集中的にケアするために美白化粧品の特集です。

 

  • いつの間にかできていた目元のシミ
  • 油断していたらどんどん濃くなってきたシミ
  • レーザーで消した同じ場所にシミができる
  • レーザーでシミを消すのが怖い

 

と「できてしまったシミ」「繰り返しできるシミ」でお悩みの方必見!シミにピンポイントで密着して、集中ケアしてくれる美白クリームや美容液を紹介ています。

 

できたシミをピンポイントで集中ケアできる美白化粧品へ

 

シミはできやすいけど、お肌が敏感な妊娠~授乳期にも安心

妊娠中もシミに積極的にアプローチできる美白化粧品へ

目 次(読みたい項目をクリックしてください)


できてしまったシミを集中ケアする美白化粧品を選ぶ3つのポイント

できてしまったシミ、濃くなっていくシミをピンポイントで集中的にケアする美白化粧品を選ぶときのポイントをおさえて選びましょう。

①美白有効成分で選ぶ

メラニン色素は紫外線や炎症などのダメージによってできるのですが、黒くなるものとならないものがあります。茶褐色のシミになっているのは、黒化したメラニン色素です。

できてしまったシミ、濃くなったシミをピンポイントでケアするには、この黒化したメラニンを還元してくれる美白有効成分がおすすめです。

できたシミに効果的な還元作用のある美白成分とは?

美白成分
ビタミンC(表記名:アスコルビン酸)
抗酸化作用のあるビタミンCはメラニン還元作用があり、できてしまったシミに有効な成分です。ただ、不安定で浸透しにくいというデメリットがあります。最近は、ピュアなビタミンCそのものを安定的にお肌に届けることができるよう研究開発された「ピュアビタミンC」美容液なども発売されています。
ビタミンC誘導体(表記名:アスコルビン酸グルコシド、アスコルビン酸Mg、アスコルビン酸Naなど)
不安定で浸透しにくいビタミンCを安定化させて、肌内部まで浸透するよう改良された成分、ビタミンC誘導体。このビタミンC誘導体は、メラニンが生成される原因となる「チロシナーゼ」の活性化を阻害する効果があるとともに、メラニン色素還元作用、メラニン排出促進(ターンオーバー促進)作用があります。シミの予防と同時に、できてしまったシミの改善にも効果的な美白成分です。
ハイドロキノン(表記名:ハイドロキノン)
いちごや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然成分のハイドロキノンは、もともと写真の現像やゴムの酸化防止に使用されていた成分です。アメリカではもっとも人気のある美白成分で、日本では2001年薬事法の規制緩和が行われる前まで、医師の処方がなければ使えない成分でした。そのハイドロキノンは、メラニン色素が生成される原因となるチロシナーゼの活性化を阻害してくれるだけでなく、メラニン色素を生成するメラノサイト自体にもアプローチして、メラニン色素の生成を抑制してくれます。さらに、酸化を還元する還元作用もあることから、できてしまったシミを改善するのにも効果的です。ただ「皮膚の漂白剤」と呼ばれるほど強い成分のため、敏感肌の方には注意が必要です。

②シミに密着するテクスチャーを選ぶ

ピンポイントで集中的にメラニン色素にアプローチさせるために、ゆるいテクスチャーで顔全体に塗るタイプよりも、クリームや硬めのゲルタイプで、シミにしっかり密着してくれるテクスチャーがおすすめ。

③お肌に合うものを選ぶ

できたシミにダイレクトにアプローチする美白化粧品には、通常よりも強い美白成分だったり、配合率も高めのものがあります。敏感肌や化粧品でトラブルを起こした経験のある方は、必ず事前にパッチテストを行ってから使うようにしてください。

シミを集中ケアする美白化粧品ランキング

できてしまったシミへの対処は、早ければ早いほど効果を実感できます。メラニン還元作用のある成分を配合した美白化粧品で、集中的にしっかりケアしていきましょう。

 

それでは、できてしまったシミを集中ケアするのにおすすめの美白化粧品を紹介しましょう。

アンプルール ラグジュアリーホワイト 美白美容液

皮膚科医が開発したドクターズコスメ「アンプルール」のスポットケア専用の夜用集中美容液「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」。

 

《おすすめポイント》

アンプルールだけの独自成分「新安定型ハイドロキノン」をマイクロカプセル化して配合。特殊なゲルが肌にピッタリ密着して、夜寝ている間に沈着したメラニン色素に働きかけます。

 

抗酸化作用のあるαリポ酸や炎症を抑制するビサボロール、チロシナーゼの活性を阻害する甘草フラボノイド、さらにターンオーバーを促進すうシコンエキスなどを配合し、シミの予防、シミの改善を促します。

▷▷▷アンプルール ラグジュアリーホワイト口コミレビューを見る

《使い方》

軽く1プッシュを気になる部分のみに塗布。洗顔後すぐ、夜のみ使用

日中使用する場合は、必ず日焼け止めを使うこと。

《商品情報》

  • 美白有効成分:新安定型ハイドロキノン
  • 内容量:11g(1.5ヶ月分)
  • 価格:10,800円(税込)
  • お試しセット:7日間分 1,890円(税込) 送料無料

♥2位♥ プラスナノHQ

プラスナノHQ

ピンポイントでシミに攻めるハイドロキノン高濃度配合のハイドロキノンクリーム。

 

《おすすめポイント》

ハイドロキノン4%配合のほかに、肌を整えるレスベラトロール、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのこだわりの美容成分も配合。抗酸化作用の高いアスタキサンチンは、クリームの酸化を防いでくれます。

 

ハイドロキノンの美白効果をさらに高めるための成分、βホワイト、ハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキスなども配合されています。

《使い方》

いつものスキンケアの最後に気になる部分にピンポイントで塗布。日中、外出時は必ず日焼け止めを使うこと。継続使用は1箇所につき6ヶ月が目安です。
※開封後は1ヶ月を目安に使い切りましょう。

《商品情報》

  • 美白有効成分:ハイドロキノン
  • 内容量:5g(約1ヶ月分)
  • 価格:3,240円(税込)
  • お試しセット:プラスナノHQ&プラスピュアVC25のセット 2,160円(税込)&送料無料

メコゾーム ブライトニングフォーミュラ

医療先進国スウェーデンの皮膚がんの研究から発見された海の酵素を使った酵素コスメ「メコゾーム」の美白クリーム。

 

《おすすめポイント》
海の酵素「マリンプロテインエキストラクト」が紫外線で傷ついた部分だけにアプローチして洗い流してくれるとともに、ターンオーバー機能を高めてくれます。

 

できたシミ、濃いシミの集中ケアには別売りの「メコゾームシート」との併用がおすすめ!

▷▷▷メコゾーム ブライトニングフォーミュラの口コミレビューを見る

《使い方》

化粧水をしっかり浸透させた後、パール粒大1個分を顔全体に伸ばす。お手入れの最後に、シミの部分に叩き込むように重ね塗りする。メコゾームシートを使うときは、ブライトニングフォーミュラを塗った上からシートを貼って就寝する。

《商品情報》

  • 美白有効成分:メコゾームだけの独自成分「マリンプロテインエキストラクト」
  • 内容量:15g(1~1.5ヶ月分)
  • 定期購入:3,600円(税込)
  • 初回限定:60%OFF→1,980円(税込)&送料無料

ポーラ ホワイトショットSX

ポーラの美白ケアブランド ホワイトショットの集中ケア美容液「ホワイトショットSX」。ビワ葉から抽出した美容成分「SCリキッド」を配合。セルフクリア機能に着目して開発されたポーラオリジナルの美容成分で、肌が本来持つ機能を高めて透明感のある肌へのサポートをしてくれます。

 

《おすすめポイント》

メラニンを作るチロシナーゼ(酵素)の活性化を抑制してくれる「ルシノール」、メラニンが作られる過程の酸化反応を遅らせる「ビタミンC誘導体」2つの美白有効成分を配合して、できたシミに集中的にアプローチします。


配合されている美白有効成分をしっかりメラノサイトに届けるのがホワイトショット独自の処方で、効率よく届けたいメラノサイトまで届いてシミを撃退してくれます。

▷▷▷ポーラホワイトショットSXの口コミレビューを見る

《使い方》

朝晩使用できます。ローションで肌を整えた後、気になるシミやソバカスの部分にチューブから美容液出して置きます。美容液を浸透させるように、指の腹で5秒くらい軽く押さえます。
最後に、美容液を密着させるように、くるくるとなじませます。シミよりも一回り大きく塗るようにします。ホワイトショットCXと併用する場合は、CXを先に肌になじませてからSX」を使用します。

《商品情報》

  • 美白有効成分:ルシノール・ビタミンC誘導体
  • 内容量:10g(1.5ヶ月分)・20g(約3ヶ月分)
  • 価格:7,020円(税込)/10g    12,960円(税込)/20g
  • 送料&返金保証:5,400円(税込)以上で送料無料

HANAオーガニック 美白クリーム

オーガニックコスメ認定機関「エコサート」の認定基準をもとに研究・開発されている国産オーガニックブランド HANAオーガニックの美白クリームです。

 

《おすすめポイント》

オーガニックコスメ業界初のビタミンC誘導体配合で医薬部外品の美白クリーム。馬鈴薯などから抽出した植物由来成分のビタミンC誘導体を使用しています。

さらに、HANAオーガニックの主要成分であるダマスクローズエキスと朝鮮アザミや薏苡仁、朝鮮人参などの漢方との融合により、肌のターンオーバーを促したり、ダメージによる炎症を鎮静してくれます。また、メラニン色素の生成し続けるシグナルをストップする効果もあり、お肌本来の機能を取り戻しながらシミを改善していきます。

 

▷▷▷HANAオーガニック ホワイトクリームの口コミレビューを見る

《使い方》

スキンケアの最後に、気になるシミの部分にのみ塗布します。オーガニックコスメで乳化が弱いため、肌に馴染みにくいのですが、指先でトントンと優しくなじませてください。

3ヶ月を目安に使用し、3ヶ月使っても、全体的に薄くなる、シミの周りがぼやけるなどの変化がない場合は、そのシミには効果がないということなので使用を中止しましょう。

《商品情報》

  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体
  • 内容量:15g(1~1.5ヶ月分)
  • 価格:5,400円(税込)
  • 送料&返金保証:5,000円(税込)以上で送料無料

バネッサミーガン

皮膚科東京銀座スキンケアクリニック監修のドクターズコスメで、ハイドロキノンを高濃度配合したシミ集中ケアクリーム。

 

《おすすめポイント》

化粧品に配合できるギリギリのライン、ハイドロキノン5%配合のほか、ビタミンC誘導体、アルブチンも配合し、美白効果を高めます。またビタミンA配合で、肌のターンオーバーを促進するため、高い美白効果を期待。

《使い方》

夜、いつものスキンケアの一番最後に気になるポイントに塗り込みます。ハイドロキノンを使用している期間は、日中の日焼け止めも忘れずに。
※長期保存も可能ですが、開封後は3ヶ月を目安に使い切ってください。

《商品情報》

  • 美白有効成分:ハイドロキノン・ビタミンC誘導体・アルブチン
  • 内容量:12g(約3ヶ月)
  • 価格:4,860円(税込)
  • お試しセット:お得な2本セットあり→9,180円(税込)

ビーグレン

ビーグレンだけの独自技術「浸透テクノロジー」を採用したハイドロキノン配合のホワイトクリームです。

 

《おすすめポイント》

QuSome(キューソーム)というカプセルの中にハイドロキノンを詰めこみ、肌内部に浸透しながらそのカプセルがほぐれていき、行き届いてほしい場所にハイドロキノンを届けてくれます。カプセルに詰め込まれているので、強い刺激をダイレクトに感じないというメリットがあり、肌が弱い方も使用できます。

 

ハイドロキノンの美白効果をさらに高めるための成分、βホワイト、ハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキスなども配合されています。

《使い方》

夜のみ使用。洗顔後、化粧水や美容液を塗った後、2プッシュを気になるシミに塗ります。最後に保湿クリームを塗ります。

《商品情報》

  • 美白有効成分:ハイドロキノン
  • 内容量:15g(約1ヶ月分)
  • 価格:6,000円(税別)
  • お試しセット:7日間分 1,800円(税別)、送料無料&365日間全額返金保証付き

BIHAKUEN

ハイドロキノンの先進国アメリカ生まれの高濃度ハイドロキノンクリーム。個人輸入代行の通販サイトで購入可能。低価格なのがメリット。

 

《おすすめポイント》

4%のハイドロキノンを配合したクリーム。セットで購入できるトレチノインクリームと併用することで、肌のターンオーバーが促進されて、より美白効果を高めることができる。

《使い方》

洗顔後、化粧水で肌を整えた後、気になるシミの部分にはみ出さないように、薄く塗布し、完全に浸透するまでマッサージ。改善が見られなかった場合は、3ヶ月で使用を中止しましょう。

《商品情報》

  • 美白有効成分:ハイドロキノン
  • 内容量:20g
  • 価格:2,530円

敏感肌・妊娠中の方にも安心の美白ケア

妊婦

妊娠中は肌が敏感になりがちで、今まで使っていた化粧品がヒリヒリしたり赤くなったりすることもあります。また、血液で栄養や酸素を受け取っているお腹の中の赤ちゃんのことを想うと、皮膚から浸透するものも刺激の強いものは避けたいですね。

 

ですが、ホルモンバランスの変化によってシミができやすい時期でもあるので、美白ケアをしておくことは必須です。そこで、妊娠中、そして産後も安心して美白ケアができる美白化粧品を紹介しますね。

ロスミンリペアクリームホワイト

乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験済みのロスミンリペアクリームに2つの美白有効成分「トラネキサム酸」と「アルブチン」を配合したロスミンリペアクリームホワイト。メラニンの生成を抑制するとともに、トラネキサム酸が妊娠中にできやす肝斑にもアプローチしてくれる。また肌荒れにも効果的なので、敏感になりやすい妊娠中の肌におすすめ。


パラベン、香料、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、アルコールの6つの成分無添加なので安心です。

▷▷▷ロスミンリペアクリーム ホワイトの口コミレビューを見る

《商品情報》

  • 内容量:30g(約1ヵ月分)
  • 価格:5,900円(税別)
  • 初回購入:定期申し込みで3,900円(税別)&送料無料
HANAオーガニック ホワイトクリーム

植物由来成分100%が原料の本当のオーガニックコスメブランドHANAオーガニックのホワイトクリームです。厚生労働省が認可しているビタミンC誘導体配合の医薬部外品のオーガニックコスメは業界初。もちろん、ビタミンC誘導体も馬鈴薯などの植物由来成分です。

 

HANAオーガニック発売当初から使用してきた濃縮ローズ、アルブチンの約5倍ものメラニン抑制効果がある朝鮮アザミ、さらに薏苡仁(ヨクイニン)や朝鮮人参、甘草などの漢方を全7種類配合したホワイトクリームは、肌機能を高めながらシミを改善していきます。

 

強い美白成分を使っていないのに、メラニン還元作用のある植物由来のビタミンC誘導体がしっかり肌に作用してシミ改善してくれるので、妊娠中、産後、また敏感肌の方にも安心です。

▷▷▷HANAオーガニック ホワイトクリームの口コミレビューはこちら

《商品情報》

※ホワイトクリームはお試しセットに含まれていません。

敏感肌専門ブランド ディセンシアの美白シリーズ サエルの美白美容液です。敏感肌特有の悩み、シミが目立ちやすい、美白成分が効きにくい、美白成分が肌に合わないなどを解決して、積極的に敏感肌のシミにアプローチ。

 

セラミドナノスフィアと白様雪(セラミド産生を促進)が角層内部を整え、コウキエキスやデイリリー花発酵液、グリチルリチン2Kが表皮で起こっている微弱炎症を抑制、抗酸化作用の高いムラサキシキブエキス、メラニンの受け渡しを抑制するセイヨウノコギリソウエキスがメラニンの黒化や生成を抑制するという3つのアプローチでシミを改善してくれます。

▷▷▷サエルの口コミレビューはこちらは

《使い方》

ローションの後、1プッシュを手の平全体で伸ばしながら温め、頬の内側から外側に向かって優しくなじませます。

《商品情報》

  • 内容量:30ml(約1.5ヶ月分)
  • 価格:7,020円(税込)
  • お試しセット:10日間分 1,480円(税込)、送料無料&30日間全額返金保証付き

ピンポイントでシミをケアする美白化粧品の使い方

スポット集中美白ケア

人間の皮膚全体にはメラニン色素が存在していて、皮膚の色はそのメラニン色素によるものです。

 

ただ、紫外線や炎症など肌にダメージを受けると、肌の防御機能によって、過剰にメラニン色素を生成してしまいます。

 

ピンポイントでシミを集中的にケアする美白化粧品は、メラニン色素を還元する作用があるため、お肌全体に使うと白抜けしてしまう可能性もあります。そのため、ピンポイントで使用するよう記載されている美白化粧品に関しては、必ずできてしまったシミの部分にのみ使うようにしましょう。

 

使う順番はメーカーによって異なりますので、使用方法を確認して使いましょう。

 

また使用する期間の目安は3ヶ月を目処にしましょう。肌のターンオーバーにより、効果を感じ始めるのが約3ヶ月経過してからです。3ヶ月使用しても、シミが薄くなる、シミの周りがぼやけてきたという改善が見られない場合は、そのシミには効果がないということなので使用を中止します。

シミが消えていく過程とは?

メラニン色素は、表皮と真皮層の間にある基底層にあるメラノサイトで生成されます。肌のターンオーバーが正常に働いていると、約28日かけて除々に肌表面に向かって押し上げられ、やがて排出されていきます。

 

メラニン色素

 

年齢とともにこのターンオーバーが正常に機能しなくなったり、過度なストレスによる自律神経の乱れ、紫外線などのダメージによる酸化、間違ったスキンケアによる皮膚常在菌バランスの乱れなど、さまざまな原因によって肌機能が低下し、シミが排出されにくくなっているのがシミの原因です。

 

シミを集中的にケアするスキンケアでも、急にシミが消えてなくなることはありません。

 

年齢や生活習慣、食生活が人それぞれ違うので、シミが消えていく過程も人それぞれです。また薄くなったと思っても、生理前後になるとシミが濃くなることもあります。

 

女性は特にホルモンバランスにも左右されやすく、妊娠中、生理前後はシミができやすい、濃くなりやすい傾向にあります。薄くなったり、濃くなったりを「シミが動く」と表現したりしますが、消えるまでにはこうした動きが見られます。

 

シミが消える過程

 

3ヶ月以上、美白化粧品を使っても、シミが動く気配がなければ、そのシミには効果がないということなので、使用を中止し、他の美白化粧品を試してみることもおすすめです。


美白化粧品で効果が期待できるシミとできないシミ

シミ

シミと言ってもいくつかの種類があり、美白化粧品で効果が期待できるシミ、できないシミがあります。

 

シミの種類 特徴 効果
人性色素斑 主に紫外線が原因のシミ
炎症後色素沈着 ニキビや虫刺されなど炎症後の色素沈着

肝斑

(かんぱん)

両頬や両目尻左右対称にできる30~40代女性にできるシミ

雀卵斑

(そばかす)

両頬全体に茶褐色の点が多数ある。遺伝性の場合も多い

 

◯:美白化粧品で効果が期待できるシミ

△:美白化粧品で消えるシミではないが、紫外線や摩擦によって濃くなるので予防のため、または薄くするために使用するならOK

 

美白化粧品を使っても効果がないシミ

美白化粧品が効かないシミ

効果を期待できるシミもあれば、どんなに優れた美白化粧品を使っても効果がないシミがあります。

メラニン色素が真皮層に落ちてしまったシミ
真皮層に落ちるメラニン

表皮と真皮層は、基底層というしっかりとした層で隔たれています。メラニン色素は、基底層で発生し、ターンオーバーによって肌表面まで押し上げられるのが一般的ですが、真皮層に落ちてしまうことがあります。

 

美白化粧品での効果が期待できるのは、基底層から上にあるメラニン色素のみで、真皮層に落ちてしまうメラニン色素には効果がありません。年齢とともに表皮と真皮層を隔てている基底層は弱くなっていくのですが、真皮層にメラニン色素が落ちてしまう大きな原因は「炎症の繰り返し」とも言われています。

 

アトピー性皮膚炎やかぶれなどで皮膚の炎症を繰り返していると、皮膚が黒っぽくなってきますが、これは基底層にメラニン色素が落ちているためです。これを防ぐためにも炎症を早く食い止める必要があります。

 

真皮層に落ちてしまったメラニン色素に関しては、美容クリニックでのレーザー治療でしか効果はありません。

内臓疾患が原因のシミ
内蔵

「顔は内蔵の鏡」と言われるくらい、内蔵機能の低下が肌に現れることがあります。暴飲暴食が続いて胃が疲れると口の周りに吹き出物ができたり、肝機能低下で目の周りにシミができやすくなったりします。

 

内臓機能低下によってできているシミであっても、紫外線が当たることで濃くなる危険性もあるので、体のメンテナンスと同時に美白ケアは必須ですが、美白化粧品だけで改善できるシミではありません。

まとめ

年齢よりも老けて見られがちで憂鬱になるシミ。

 

私もレーザーで消そうかと悩んでいた時期もありましたが、美白化粧品でも根気よく使えば、効果が出てくるのを実感しています。

 

レーザーでのシミの除去は手っ取り早いというメリットはありますが、しばらく絆創膏のようなものを貼っておかなくてはならず、シミの場所や大きさによっては外出もしにくいのです。

 

少し時間はかかりますが、美白化粧品で改善されるのであれば、肌への負担もあまりなく安心して美白ケアできますよ。


この内容で送信します。よろしいですか?