りびはだ

皮脂不足で肌カサカサ!おすすめ美容オイル17選とツヤ肌作るオイル美容法

美容オイル17選

こんにちは、肌本来の機能を高めて美肌になれる美容情報をお届けしています、りびはだです。

 

今回は、美容オイル特集です。

 

  • 肌の乾燥が気になる。
  • 乾燥肌で肌トラブルを起こしがち。
  • 肌荒れや乾燥ニキビが気になる。
  • くすみやシミが増えてきた。
  • たるみ、毛穴の開きが気になってきた。

 

などなど、こんなお肌に関する悩みってありませんか?

 

美容オイルは、乾燥だけでなく、さまざまな肌悩みを解決してくれる優秀なアイテムです。ここでは、美容オイルの効果はもちろん、選び方やおすすめブランドを厳選して紹介しています。

 

厳選!美容オイル17選はこちら

目次


美容オイルの効果とは?

美容オイルの効果

オイル美容法という美容法が、芸能人も実践していることでブームになったころから、美容オイルにも人気の火がつきました。最近は、いろいろな美容オイルが各ブランドから発売されていますが、いったいどんな効果があるのでしょうか?

 

一般的な美容オイルの多くの原料は、植物から抽出しています。植物オイルには、ビタミンFと呼ばれる必須脂肪酸が含まれています。これは、ポリ不飽和脂肪酸の一種で、代表的なものは、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸などです。

 

私たちの皮膚の角層には、細胞間脂質(油分)と天然保湿因子(アミノ酸が主成分の水分)が交互にバランスよく存在しています。どちらかが不足しても、肌内部はカスカスな状態になって、たちまちバリア機能が低下して肌が乾燥します。この構造をラメラ構造といい、よくレンガとモルタルに例えられます。細胞間脂質がレンガとしたら、それらの周りを固めているのが天然保湿因子です。

 

肌構造

 

美容オイルは、細胞間脂質に含まれているリノール酸やリノレン酸を補給して、肌のバリア機能を高める効果があります。

 

角層を強化するのに代表的な保湿成分「セラミド」もいいですが、美容オイルは自分の肌で潤う力を活性化できる最強のスキンケアです。

 

その効果は、保湿だけにとどまらず、肌のターンオーバーを促進させることから、シミやくすみなどの美白ケア、また乾燥による小じわやたるみを防いでくれるのでエイジングケア効果にも期待できます。

アンチエイジング効果

美容オイルに使われている植物オイルには、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEを豊富に含むものがあります。これは、抗酸化作用があり、肌の老化を加速させる「活性酸素」の除去をしてくれます。また、肌再生力にも優れているため、日中、紫外線や乾燥などのダメージを受けた細胞を修復してくれます。エイジングケア成分であるコラーゲンやヒアルロン酸配合のコスメを使うよりも、自分の肌でそれらを作り出せるよう肌機能も回復してくれるので、エイジングケアにおすすめです。

肌のターンオーバーを活性化させてシミを追い出す

ビタミンEを豊富に含む植物オイルは、シミの原因でもある活性酸素を除去して、若々しいお肌をキープしてくれる効果があります。できてしまったシミ対しては、肌再生力のある植物オイルを使って、肌のターンオーバーを活性化させることで、シミを外部へ追い出します。メラニンの生成やメラニンを発生させる酵素の働きを止めるのではなく、肌が本来持ってる機能を高めて、美白を行います。

 

ターンオーバー


美容オイルを選ぶときの3つのポイント

美容オイル選ぶ

①使用感で選ぶ

美容オイルは浸透力が高く、ベタつくオイルはあまりありませんが、使用感には好みがあるので、使い心地がいい♪と思うものを選びましょう。トライアルセットやトライアルサイズのあるものは、まずは試してみてから決めるといいですね。

②香りで選ぶ

美容オイルには、アロマ精油がブレンドされているものもあります。アロマ精油は、香りの癒やし効果、女性ホルモンバランスを整えるなどの効果もあり、夜の睡眠の質も高めてくれます。ただ自分が嫌いな香りではリラックス効果は半減してしまいます。あなたがコレは好き!と感じる香りのオイルを選びましょう。

③植物由来?動物由来?

天然オイルと言っても、植物由来のオイル、動物由来(馬やサメなど)のオイルがあります。使用感や効果など、あなたが気に入ったものを選びましょう。

美容オイルの種類

美容オイルの種類

植物性のオイルが原料であることが多い美容オイルですが、植物性=すべての肌に合うというわけではありません。人によっては、アレルギー反応が出ることもありますので、必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう。

では、美容オイルの種類を見ていきましょう。

①オーガニックのブレンド美容オイル

オーガニックの美容オイル

オーガニック原料を配合した美容オイルで、数種類の植物油をブレンドしています。ブレンド美容オイルのいい点は、それぞれの成分が異なる植物オイルが使われていることで、単一の植物オイルよりも相乗効果があがります。また、酸化しやすいオイルでも、抗酸化作用の強いオイルとブレンドされていることで、酸化しにくくなります。

オーガニックのブレンド美容オイルの代表

HANAオーガニック

アーユスオイル

琉白 RUHAKU

月桃ナイトリペアオイル

美容オイル アーユスオイル 琉白 月桃リペアオイル

ゴマ油、ワサビノキ種子油、

ニゲラサチバ種子油、ビャクダン油など

ローズヒップ油、ザクロ種子油、

ヒマワリ種子オイル、月桃葉油など

20ml 4,762円 17ml 3,960円(税込)

7日間トライアル1,480円

購入サイトへ

7日間トライアル990円

購入サイトへ

 

ニコラ オーガニクス

スキンセラピスト

トリロジー

ロザピンプラス

ニコラオーガニクス スキンセラピスト トリロジー ロザピンプラス

アプリコットオイル、バオバブオイル、

クランベリー油、ローズヒップオイルなど

ローズヒップ油、トマト種子油、

クランベリー種子油、ヒマワリ種子油など

30ml 8,618 円(税込) 30ml 7,020円(税込)

10日間トライアル980円

購入サイトへ

ブリリアント NZプロダクツ価格

3,980円(税込) 

購入サイトへ

単一の植物油の美容オイル

ブレンドされていない1種類の植物油で作られた美容オイルも人気です。ブレンドされている美容オイルに比べると、比較的安価で、ヘアケア、ボディケアにも使いたいという方におすすめ。

ただし、グレープシードオイルなど酸化しやすいオイルは、衣服やタオルに染み込むと異臭がするようになるので気をつけましょう。

アルガンオイル
アルガンオイル

画像引用元:メルヴィータ 公式サイト

 

モロッコ南西の乾燥地帯で育つアルガンツリーから採れるオイルで、アトラス山脈のベルベル人は、数世紀前から料理、健康保持、美容にと使ってきました。アルガンオイルには、植物ステロールの一種、ショッテノールが含まれていて、皮膚の修復、再生に効果があります。火傷やニキビ跡のケアにも使われます。ビタミンEも豊富に含まれているので、抗酸化作用も強く、老化の原因「活性酸素」の除去にも効果的。皮膚を滑らかにしてくれるので、乾燥肌、乾燥によるシワの予防におすすめ。

 

メルヴィータ

アルガンオイル

ココロコスメピュアシリーズ

アルガンオイル

メルヴィータ アルガンオイル ココロコスメ アルガンオイル
50ml 3,500円 60ml 2,300円(税込)
購入サイトへ 購入サイトへ

 

オリーブオイル
オリーヴオイル

中央アジア由来の植物であるオリーブは、現在では地中海沿岸や南アフリカなどでも栽培されています。収穫してから、熟成した果実を圧搾して抽出します。オレイン酸、パルミチン酸などを含み、浸透性が優れているほかにもエモリエント作用や鎮静作用があります。肌荒れや湿疹などの肌トラブル、ひび割れ、乾燥した皮膚へのケア、また乾燥してパサツイた髪のお手入れにもおすすめ。

 

オリーヴの森

ジ・オリーヴオイルF

宝石のしずく
ザ オリーブオイル 宝石のしずく
フランスで育った「オリヴェール種」から抽出したオリーブオイル。多品種と比べてオレイン酸の含有量が多く、ビタミンEも豊富に含まれている。 スペイン産の高品質オリーブを使用したオリーブオイル。化粧水も美容液も乳液もクリームも不要なので、これ1本でスキンケアが完結。
30ml 8,640 円(税込)

スクアバージンオイル  

30ml 3,800円(税込)

スーパーバージンオイル

30ml 3,800円(税込)

ザ・スキンケアお試し5点セット

1,728円

購入サイトへ

7日間分セット 500円(税込)

購入サイトへ

 

ごま油(セサミオイル)
セサミオイル

浸透性が高く、ビタミンEを豊富に含むことから抗酸化作用もあり、年齢肌のケアにもおすすめ。皮膚再生力があり、肌を柔らかくしてくれます。紫外線から皮膚を守ったり、軽い炎症にも効果的で、爪や頭髪のケアにもおすすめ。

ローズヒップオイル
ローズヒップオイル

果実にはビタミンCが豊富でローズヒップティーとしても人気のローズヒップの種から抽出されるオイルには、リノール酸やリノレン酸が豊富。これらの脂肪酸は、魚の脂に多く含まれているため、やや魚臭いと感じる人もいますが、皮膚の細胞再生に優れていて、細胞膜を柔らかくしてくれる効果があります。また、ビタミンAが活性化した携帯のトランスレチノール酸が含まれていることも明らかになり、これはニキビなどの肌トラブルに効果的です。

 

トリロジー ローズヒップオイル
トリロジーローズヒップオイル
ニュージーランドのオーガニックコスメブランドで、ニュージーランドのオーガニック認証バイオグロの認定を受けているトリロジーのローズヒップオイル。独自の低温抽出方法なので、溶媒は一切使用していません。種からボトル充填まで、国際的に信頼されているバイオグロオーガニック認証を取得しているオーガニックコスメです。

20ml 4,644円(税込)

ブリリアント ライフ プロダクツ直輸入価格 2,980円(税込)

購入サイトへ

 

アプリコットオイル
アプリコット

アプリコットの果核にある仁を冷温圧搾して抽出されます。ビタミンA、リノレン酸が豊富に含まれているのが特徴です。浸透性が高く、表皮に完全に吸収されるので、肌表面がベタついたり、顔がテカること心配もありません。肌を活性化させrて、再生力を高める効果があり、朝晩のスキンケアにクリームの代わりに使うこともおすすめ。

 

HARUE 美容オイル(杏仁オイル)
アプリコットオイル
杏仁の種の核から絞った杏仁オイルそのもの。お顔以外にも髪のケアにもおすすめ。
20ml 4,320円
購入サイトへ

 

美容液も配合の美容オイル

coyori美容液オイル
coyori美容液オイル
化粧水とこのcoyori美容液オイルだけでスキンケアが完結する商品。私たち人間の皮脂に馴染みやすい、ツバキ油、オリーブ油、コメヌカ油、柚子種子油をブレンド。さらに、20種類の和漢・植物エキスを配合し、皮脂の生成を促してくれるスキンケア。オイルは苦手という人でも、使いやすい美容液オイル。

20ml 4,690円(税込)

40ml 8,434円(税込)

トライアル価格 980円

購入サイトへ

 

おすすめの美容オイル ブランド17選

美容オイル

①HANAオーガニック アーユスオイル

HANAオーガニック アーユスオイル

20ml 4,762円(税別)

アーユスオイルを含むHANAオーガニック 7日間お試しセット1,480円

 

インドのアーユルヴェーダ療法を元にブレンドされた国内オーガニックブランド HANAオーガニックの美容オイル「アーユスオイル」。オーガニックセサミオイルをベースに、肌表面、肌内部の炎症を抑えるブラックシードオイル、豊富な栄養素を含むモリンガオイルを配合。肌機能を高めてくれるブレンドです。さらに、癒やしの香りで心身ともにリラックスさせてくれるビャクダン油や女性ホルモン様作用のあるローズ油、イランイラン油なども配合。オリエンタルな落ち着く香りが特徴です。

 

HANAオーガニック アーユスオイル 口コミレビューはこちら

②エトヴォス ヴァーチェ マルラオイル

ヴァーチェ マルラオイル

18ml 3,974円(税込)

初回購入 2,980円(税込)&送料無料

皮膚科学を研究する医学博士研修のもと、商品開発を行い、肌機能を高めるスキンケアを提供しているエトヴォスの美容オイル ヴァーチェ マルラオイル。マルラは、南アフリカに生育している神の木と呼ばれる「マルラ」の木の実から採取される希少なオイル。抗酸化力はオリーブオイルの約10倍もあり、シミやシワ、たるみなどをケアするエイジングケア効果が高いオイルです。酸化や劣化に強く、扱いやすいオイル。

③メルヴィータ アルガンオイル

メルヴィータ アルガンオイル

50ml 3,500円(税別)

 

モロッコ南西部に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取されるオイルで、約30キロの果肉から1リットルしか採取されない希少価値の高いオイル。メルヴィータはフランスのオーガニックコスメ認証を受けたオーガニックコスメブランドで、メルヴィータのアルガンオイルは、低温圧搾法によって一番搾りのオイルから作られています。エコサートの認定を受けた100%オーガニックです。

 

メルヴィータ アルガンオイル 口コミレビューはこちら

④ニコラ オーガニクス スキンセラピスト アプリコット&ネロリ

ニコラオーガニクス

30ml 8,618 円(税込)

ニコラオーガニクス 10日間トライアル モニター価格980円

英国IFA認定&英国IFPA認定アロマセラピストのニコラ オーガニクスの代表が開発した美容オイル。アプリコットオイルをベースに、オメガ3.6.9が豊富なバオバブオイルやビタミンの宝庫と言われるクランベリー、ローズヒップオイルを配合しています。化粧水とこのオイルとのミルフィーユ使いが特徴のスキンケアです。

 

ニコラ オーガニクス 口コミレビューはこちら

⑤琉白RUHAKU 月桃ナイトリペアオイル

琉白ナイトリペアオイル

17ml 3,960円(税込)

月桃ナイトリペア含む琉白7日間トライアルセット 990円

 

沖縄の素材を使ったエコサート認定の国産オーガニックコスメブランド 琉白RUHAKUの夜用美容オイル「月桃ナイトリペアオイル」。ビタミンCをたっぷり含んだローズヒップオイルをベースに、ザクロ種子油、沖縄で生育している月桃根・種子・茎エキス、月桃葉油などをブレンドしています。

⑥オリーヴの森 ジ・オリーヴオイル F (フランス)

オリーヴの森

30ml 8,640 円(税込)

ジ・オリーヴオイルFを含むザ・スキンケアお試し5点セット 1,728円

ポリフェノール、オレイン酸、ビタミンE、ビタミンAをたっぷり含んだオリーヴの森の「ジ・オリーブオイル」。なじみがよく、オリーブオイル本来の香りがふわっと香る心地よい美容オイルです。

⑦宝石のしずく スクアバージン・スーパーバージンオイル

宝石のしずく

スクア&スーパーバージンオイル 7日間分セット 500円(税込)

太陽の日差しがサンサンと照り注ぐスペインで育った高品質なオリーブを薬品や熱を使わず搾ったオリーブオイル。これ1本でスキンケアが完結するので、化粧水や乳液、美容液、クリームが不要。赤ちゃんから年配の方まで幅広く、また家族みんなで使うことができます。

  • スクアバージンオイル   30ml 3,800円(税込)
  • スーパーバージンオイル 30ml 3,800円(税込)

⑧トリロジー ロザピンプラス

トリロジー ロザピンプラス

30ml 7,020円(税込)

ブリリアント NZプロダクツ価格 3,980円(税込)

ニュージーランドのオーガニクスコスメブランドで、世界中でさまざまなビューティーアワードを獲得しているエイジングケア用の美容オイル。ビタミンCが豊富なローズヒップオイルをベースにトマト、クランベリー、ヒマワリ、アサイ4種類の成分を配合し、あらゆる肌質、年齢肌にアプローチしてくれます。

 

トリロジー ロザピンプラスの口コミレビュー

⑨テラクオーレ ダマスクローズ デュー オイル

テラクオーレ

20ml 6,696円(税込)

ダマスクローズ デューオイルを含む

テラクオーレ ダマスクローズ スキンケア トライアルセット2,100円

テラクオーレ 公式サイト

 

ダマスクローズのエキス、精油、ローズヒップオイルを配合した「くすみ」「たるみ」などの年齢肌にアプローチするテラクオーレの美容オイル「ダマスクローズ デューオイル」。オリーブオイル、アボカドオイル、アーモンドオイル、サンフラワーオイルも配合し、水分保持力をキープさせます。肌荒れしやすい肌にアプローチするのは、ホップ花エキスやセントジョーンズワートエキス。健康で肌荒れしにくい肌に導きます。

⑩アルジェラン モイスト ディープ スキンケアオイル

アルジェラン 美容オイル

30ml 1,944円(税込)

アルジェラン 通販サイト

 

ドラッグストア マツキヨがもっと身近にオーガニックコスメをと発売しているプチプライスなエコサートの認証も取得しているアルジェランの美容オイル「モイスト ディープ スキンケアオイル」。100%植物由来オイルで、オーガニクスセントジョーンズワートオイル、アプリコットオイルがベースで、乾燥などの肌悩みにアプローチしてくれます。

⑪ロクシタン ディヴァイン インテンシヴオイル

ロクシタン 美容オイル

30ml 12,960円

ロクシタン公式サイト

 

ヘリクリスムイタリクム花油とギンバイカ油配合のロクシタンのディヴァイン インテンシヴオイル。この他に7種類のモスカータバラ種子油、ヒポファエラムノイデス油、エチウムプランタギネウム種子油、ルリジサ種子油、アンズ核油、月見草油、アマナズナ種子油を贅沢に配合した、自宅でスパ級のスキンケアが可能な美容オイルです。ハリや弾力不足なお肌におすすめです。

⑫HARUE 美容オイル(杏仁オイル)

アプリコット カーネルオイル

20ml 4,320円

HARUE通販サイト

 

杏仁の種の核から搾ったHARUEの杏仁オイル。スキンケアはもちろん、髪につけるとツヤが出るのでヘアケアにもおすすめです。

⑬リセナル 美容オイル

リセナル フェイス&ボディオイル

60ml 1,000円(税別)

リセナル通販サイト

 

食用の国産米から採取した米油で作ったナチュラルコスメ「リセナル 美容オイル」。抗酸化作用のあるビタミンE・オリザノールを含む米油は、傷の修復やエイジングケアに効果があり、毎日のスキンケアのほかにも、ニキビや肌荒れのケア、シワやたるみのケアにおすすめです。低価格なのも嬉しい美容オイル。

⑭ランコム アプソリュ プレシャスオイル

ランコム 美容オイル

30ml 28,500円(税抜)

ランコム美容オイル通販サイト

 

ダマスクローズ花油、ローズマリー油、オレンジ果皮油、レモン果皮油、ローマンカミツレ花油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ花油配合のランコムの美容オイル「アプソリュ プレシャスオイル」。絶妙なブレンドで、高貴な香りが特徴。テクスチャーも肌に溶け込むように馴染みます。

⑮ジュリーク フェイシャルオイル

ジュリーク美容オイル

各50ml 8,500円(税別)

ジュリーク通販サイト

 

エイジングケア、保湿ケア、肌力を高める保護、3種類のラインナップが揃っているジュリークのフェイシャルオイル。ブースター、フェイスマッサージ、オイルパック、首・デコルテケア、メイクアップのシャイニーオイル、香りのリラクゼーションと6つの役割のあるフェイシャルオイルは、毎日のスキンケアに大活躍。

⑯キールズ デイリーボタニカル コンセントレート・ミッドナイトボタニカル コンセントレート

キールズ 美容オイル

各30ml 6,000円(税抜)

キールズ通販サイト

 

キールズの日中用美容オイル、夜用美容オイル。日中用のデイリーボタニカル コンセントレートには、朝の目覚めをよくするタマヌオイル、ヒマワリ種子オイル、ジンジャールートオイルをブレンド。夜用のミッドナイトボタニカル コンセントレートには、夜寝ている間の再生力を高めるイブニングプリムローズ、スクワラン(オリーブ由来)、ラベンダーオイルを配合。2つのオイルが24時間通して、お肌にアプローチします。

⑰HABA 高品位「スクワラン」

HABAスクワラン
15ml 1,512円 30ml 2,700円
60ml 4,968円 120ml 9,180円

 

HABAスクワランオイル通販サイト

 

防腐剤や石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、タール系色素などが無添加のHABAのスクワランオイル。厳選された深海鮫の肝油から抽出した「スクワレン」を精製したオイルで、安定性が高く、酸化や変質しにくい性質を持っています。油焼けの心配がないので、朝のスキンケアにも使えます。乳液やクリームが不要で、化粧水の後はこれだけでスキンケア完了です。


美容オイルの使い方 順番は?

美容オイル使い方

美容オイルを使うときの順番は、目的によって異なります。

化粧水や美容成分の浸透力を高めたい

ブースターの代わりに、洗顔後すぐに使うと、皮膚が柔らかくなり、化粧水や美容液などの水分や美容成分が浸透しやすくなります。スポイトで2~3滴が適量です。

水分・美容成分を閉じ込める

浸透させた水分や美容成分を閉じ込める目的なら、化粧水や美容液を塗布した後に使います。お肌の様子を見ながら1~2滴を目安に使いましょう。保湿クリームは基本的には不要ですが、乾燥肌がひどい場合は、スキンケアの最後に使うようにしてください。

乾燥肌改善におすすめの使い方

乾燥がひどく肌トラブルが起きやすいという方は、ぜひミルフィーユ使いを。オイル→化粧水→オイル→化粧水→オイルを2~3回繰り返し交互に塗布して、最後はオイルで閉じ込めます。ややベタつくくらい塗っても、乾燥がひどいとすぐに浸透していきます。肌力を高めるためには、夜は合成ポリマー配合の保湿クリームを使わず、化粧水と美容オイルだけのケアを行ってみましょう。

美容オイルの保管方法

美容オイル 保管方法

美容オイルはメーカーの指示がない限りは常温で保管します。抗酸化作用の高いオイルでも、天然のオイルは酸素に触れることで劣化が進みます。必ず直射日光を避けて、冷暗所に保管してください。透明のボトルに入っているオイルに関しては、遮光瓶に入れ替えるのもおすすめです。

美容オイルの使用期限

メーカーによっては、製造日や使用期限が記載されているものもあるので、その場合は、それに従いましょう。記載されていないものは、未開封で1年くらいは保管できますが、開封したものは、基本的には早めに使い切りましょう。目安は2~3ヶ月です。保管状態が悪いと、劣化が早いので気をつけてください。劣化しているかどうかは、色やにおいの変化で見極めます。


美容オイルを使ったスキンケア方法

美容オイルスキンケア方法

美容オイルはさまざまな肌悩みを解決してくれます。肌悩みに合った使い方で、美肌を目指しましょう♪

ニキビのケアにも美容オイル

毛穴に皮脂などが詰まり、アクネ菌が発生することによって炎症を起こしているニキビは、抗炎症作用のある美容オイルを使います。顔全体に使ってもいいですが、朝のメイク前などオイルを使いたくない場合でも、ちょこっとニキビができている箇所だけでも塗布しておくことをおすすめします。また、皮脂汚れを出すために、洗顔後のお顔全体に塗布して入浴しましょう。半身浴などで、しっかり汗をかくことで、毛穴の汚れが出ていきます。入浴後は、ホットタオルなどで毛穴を開きながら拭き取ります。

美容オイルを使ったクレンジング

アルガンオイルやオリーブオイルなど、単一の植物オイルは、クレンジングにも使うことができます。汚れだけを取り除き、必要な皮脂は残してくれるので、スキンケアしながら洗浄できます。肌が柔らかくなり、しっとりしてきます

化粧水の前にブースターとして使って浸透力アップ

化粧水の前に使うと、角質が柔らかくなるので、化粧水や美容液の水分や美容成分が浸透しやすくなります。一般的なブースターは、肌のバリア機能を壊して美容成分を浸透させるので、美容オイルの方が安心です。

ニキビ跡のスキンケア

皮膚再生力のあるゴマ油、ローズヒップオイル、アプリコットオイルなどがブレンドされた美容オイルを選びましょう。毎日のスキンケアはもちろん、フェイシャルマッサージをすることで、さらにターンオーバーを促進させて、傷ついた皮膚細胞を修復します。色素沈着したニキビ跡、凸凹のクレーター状のニキビ跡など、あらゆるタイプのニキビ跡のケアにおすすめです。

シミ・くすみのない透明肌に導く美白ケア

ニキビ跡のケアと同様、肌再生力のあるごま油、ローズヒップオイル、アプリコットオイル、またビタミンEを豊富に含むオリーブオイルなどを使って、フェイシャルマッサージを行います、お風呂上がりは、皮膚の温度も上がっているので、血行が促進されて、肌のターンオーバーを活性化でき、シミを外へ追い出しやすくなります。

リップケアに使う

皮膚の薄い唇のケアにもおすすめ。スポイトなら1滴で十分潤います。

髪のダメージも修復

シャンプー前の頭皮マッサージで、毛穴の汚れが落ちやすくなり、抜け毛、白髪予防に効果的です。洗髪後は、毛先を中心に少量、揉み込むように塗布します。乾かした後の手触り、櫛通りがよくなります。

脂性肌の美容オイル法

脂性肌にオイルは必要ないと思われがちですが、ニキビができやすかったり、過剰な皮脂分泌で皮脂が酸化することでくすみの原因になります。おすすめの使い方は、洗顔後に塗布して、お風呂に浸かり、しっかり汗を出します。皮脂と一緒に毛穴から汚れが出て、ニキビができにくくなります。また、抗酸化作用があるので、酸化を防ぐことができます。

美容オイルで角栓ケア

鼻のポツポツ黒ずみは、皮脂が詰まって酸化しているのが原因です。オイルを綿棒などで塗布して、入浴したり、ホットタオルで温めて毛穴を開きながら拭き取るというスキンケアを継続してやりましょう。

ファンデーションに混ぜて使う

オイル焼けの心配がない美容オイルは、ファンデーションに1滴ほど混ぜるだけで、日中の乾燥を防ぐことができます。滑らかに伸びもよくなり、マットなメイクが実現します。

手作りの美容オイル

手作りの美容オイル

美容オイルを手作りすることもできます。アロマテラピーで使用するキャリアオイル、ホホバ油、オリーブ油、スイートアーモンドオイルなどを準備し、精油を加えます。

 

  • キャリアオイル 10ml
  • 精油      1~2滴

(一般的に精油は1滴=0.05ml)

 

顔など敏感な部位に使用する場合は、濃度0.5%でブレンドして使います。その場合は、10mlに対して1滴、ボディケアに使う場合は、10mlに対して2滴ブレンドします。

手作り美容オイルの注意点

手作り美容オイル
①柑橘系の精油について

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の精油には、光毒性があり、光に当たると炎症を起こす可能性があります。化粧品に配合されているものは、光毒性になる成分を排除している場合がありますが、手作りの場合はできないので、朝使用するのであれば、柑橘系の精油は使わないようにしましょう。

②使用期限について

市販の美容オイルは、抗酸化作用のあるオイルとブレンドしたり、オイル自体に抗酸化作用があり、酸化しにくい処方ですが、手作りの場合で、酸化しやすいなど知識がない場合は、作ってから2週間を目安に使い切りましょう。

③保管する瓶について

光に当たると酸化しやすいので、遮光瓶に入れて保管する。

④パッチテストについて

人によって肌に合わない場合もあるので、キャリアオイルで希釈した後、二の腕などに24時間つけてパッチテストをする。

⑤オイルが染み込んだタオルについて

スイートアーモンドオイルなどの酸化しやすいオイルは、タオルに染み込むと不快なオイル臭がします。水では落ちにくく、ぬるま湯などを足して洗濯することをおすすめします。

⑥精油やキャリアオイルについて

精油、キャリアオイルは開封したら、約6ヶ月を目安に使い切りますが、柑橘系の精油など劣化が早いものもあります。香りが変わったりしたら、肌に使うのは止めて、拭き掃除やトイレの中に少し垂らすなどで使いましょう。

肌悩みに合ったおすすめ精油

肌悩み おすすめ精油
乾燥肌・肌荒れ ラベンダー・ゼラニウム・サンダルウッド・ローマンカモミール・ローズ
オイリー肌・顔のテカリ防止 イランイラン・ジュニパー・イランイラン・ラベンダー・ローズマリー
大人ニキビ ティートゥリー・サンダルウッド・ラベンダー
敏感肌ケア ローマンカモミール
シミやくすみケア ラベンダー・ローズ・ネロリ・ゼラニウム
日焼け後のケア ラベンダー・ゼラニウム・ジャーマンカモミール
顔のむくみ解消 ローズ・ラベンダー・ゼラニウム・サイプレス

 

美容オイル Q&A

Q1.美容オイルは酸化しやすい?

美容オイルは防腐剤が使われていないものも多く、保管方法によっては早く酸化します。使うときに、空気に触れるのは仕方ないとしても、必ずキャップをきちんと閉めること、また直射日光に当たらない場所に保管、温度差が激しくない冷暗所に保管します。オーガニックの美容オイルなら2~3ヶ月、オーガニックでなくても6ヶ月を目安に使い切りましょう。使用期限が記載されているメーカーに関しては、それを守ってください。

Q2.美容オイルは日焼けしやすくならない?

オイル焼けするなど言われますが、オリーブオイルやごま油、アルガンオイルなどは日焼け止め効果があり、ローズヒップオイルは浸透が早く肌表面に残らないので、日焼けの心配はありません。日焼け効果があるものは、むしろ塗った方がいいのです。

Q3.美容液と美容オイルの違いは?

美容オイルの原料はほとんどが植物オイル、またはスクワランや馬油などの動物のオイルをブレンドしてできていて、油分のみと考えていいでしょう。美容液は、油分も含まれますが、植物エキスやエイジングケアやホワイトニングなど目的に合わせた化学成分を配合しています。

Q4.夏にも美容オイル使っていいい?

皮脂分泌量が多くなる夏でも、少量使用することをおすすめします。特に夜のスキンケアに使うことで、日中受けた紫外線のダメージを修復してくれます。日焼け止め効果のあるオリーブ油やごま油、アルガンオイルなどは、ファンデーションに1滴ほど混ぜて使うのもおすすめです。

Q5.美容オイルのコスパはどう?

一般的に3,000円台~5,000円台の美容オイルが多く、少量でもしっかり保湿効果があるため、顔だけに使用するのであれば、20ml入りで2~3ヶ月使用することができます。美容オイルのいいところは、肌機能を高めてくれるので、自分の肌で保湿できるようになれば、コスメ代がぐーんと減ります。

Q6.美容オイルを乳液やクリームと一緒に使いたい

乳液やクリームに足して使うこともできます。ただ、できれば、夜のスキンケアには、合成ポリマーが使われていない乳液やクリームを使うことをおすすめします。肌機能が高まる夜の時間帯は、合成ポリマーなどで毛穴まで塞いで皮膚呼吸を妨げるようなことはさけてほしいです。

Q7.敏感肌でも使える?

敏感肌でも使うことができます。ただ、植物性でも肌に合わない場合もあるので、必ずパッチテストを行ってから使うようにしてください。

Q8.朝美容オイルを使ってもいい?

柑橘系の精油を使った手作りのオイルや使用上の注意で朝の使用が禁止されている美容オイルに関しては、朝の使用は避けてください。それ以外は、紫外線から肌を守ってくれる効果があるオイルもあるので、使用してもOKです。

Q9.アトピー肌だけど美容オイルは使ってもいい?

アトピー肌は、角層内部の細胞間脂質が不足しています。美容オイルは、細胞間脂質に含まれている脂肪分が含まれているため、お肌に合うものであれば積極的に使用しても大丈夫です。

Q10.美容オイルって機内持ち込みできる?

美容オイルも液体に分類されるので、100ml以下の透明プラスチック製の容器に入れること。そして、20cm以下×20cm以下の透明プラスチック製の袋に入れないといけません。

Q11.食用のオイルを美容オイルとして使ってもいい?

食用のオイルは、食用に精製されていたり、容量も多いものが多く、注ぎ口も大きいので酸化しやすいというデメリットがあります。例えば、最近はどこのキッチンにもあるオリーブオイルですが、ボトルに詰められている時点で酸化しているものも多いと言います。本当にフレッシュなものは、ピリッとした辛味がありますが、ほとんどはそうではないでしょう。ということは、すでに劣化しているオリーブオイルが多いのです。

まとめ

乾燥肌改善以外にも、シミ・シワなどのエイジングケア、ニキビ肌、ニキビ跡ケアにも使える美容オイル。合成界面活性剤や合成ポリマーなどの肌機能を低下させる成分が入っていない、ン天然成分で作られているので、肌力を高めるのにおすすめです。

 

毎日のスキンケアに取り入れて、美肌作りに役立ててくださいね。


この内容で送信します。よろしいですか?