りびはだ

ライスブランオイルの効能・美肌効果とは?毎日の食事で素肌美人に♪

ライスブランオイル

こんにちは、美肌を目指す女性のための美容情報サイト「りびはだ」編集部です。

油=体に悪い、太るなどのイメージを持っている人もいるかもしれませんが、良い油は健康にも美肌にも効果的です。

今回は、米ぬかから抽出されるオイル、ライスブランオイル(コメ油や米ぬか油とも呼ばれる)の効能や美肌効果について、そして毎日の食事での使い方について紹介しようと思います。

目次


ライスブランオイルの抽出法

米ぬか

コメ油、米ぬか油とも呼ばれるライスブランオイルは、玄米を精製するときに出る「米ぬか」が原料です。

実は、この米ぬかには、約20%のオイルが含まれています。

一般的なライスブランオイルは、圧搾して米ぬかから油を抽出します。

圧搾方法で抽出したオイルは、栄養素を壊さずそのまま残すことができ、一番安全で安心して摂ることができます。


ライスブランオイルに含まれる栄養素と効能

コメ油

ライスブランオイルには、米ぬかのみに含まれている「γ-オリザノール」をはじめ、下記のような栄養素が豊富に含まれています。

γ(ガンマ)-オリザノール

米ぬかだけに含まれている「γ-オリザノール」は、コレステロールを減少させる効果があります。

また、自律神経のバランスを整えたり、更年期障害の症状緩和や過敏性腸症候群の改善など、精神的な不調にも効果があります。

ライスブランオイルが酸化しにくい性質を持っているのも、「γ-オリザノール」が含まれているためです。

ビタミンE(トコフェロール)

若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEには、高い抗酸化作用があります。

シミやシワなど老化肌だけでなく、病気の原因にもなる「活性酸素」を除去する効果があります。

トコトリエノール

上記のビタミンE(トコフェロール)の一種ですが、ビタミンEの約50倍もの抗酸化作用があり、「スーパービタミン」とも呼ばれています。

細胞や血管、臓器、血液などが酸化するのを防いで、老化や病気を予防します。

植物ステロール

植物ステロールは、植物の細胞を構成する成分の一つで、豆類や穀類の胚芽に含まれています。

動物性のコレステロールに似た成分で脂質ですが、コレステロールが体内に吸収されるのに対して、植物ステロールの場合は、小腸で吸収されることがありません。

しかも、「油の食物繊維」とも呼ばれるように、食物繊維のように腸内のコレステロールの吸収を妨げる効果もあります。

悪玉コレステロールを排出し、減少させる働きがあり、生活習慣病の予防にも役立ちます。


ライスブランオイルの美肌効果について

ライスブランオイル 美肌効果

上記で紹介したように、ライスブランオイルに含まれる栄養素と効能から抗酸化作用に優れていることが分かるライスブランオイル(米ぬか油)には、美肌効果もありますよ。

高い抗酸化力で活性酸素を除去

高い抗酸化力があるビタミンE、さらに、ビタミンEの50倍の抗酸化力を持つトコトリエノールが含まれていて、肌老化の原因となる活性酸素(サビ)を除去してくれる効果があります。

血色のいいツヤ肌&美白効果

また、γ-オリザノールには、血管拡張や血行促進作用があるため、全身の血行を促し、栄養素を届けてくれる効果があります。

 

お肌の血色を良くしたり、ツヤのある肌に導いてくれます。

 

化粧品にも配合されることがあるライスブランオイルですが、このγ-オリザノールが含まれていることにより、肌に使うと、メラニン色素の生成を抑制してくれるので美白効果に期待できます。

 

また皮脂腺を活発にするので、乾燥肌の改善、肌荒れを予防してくれます。

角層内部のセラミド不足にも!

ライスブランオイル(米ぬか油)には、コメヌカスフィンゴ糖脂質が含まれています。

 

私たちのお肌の角層には、セラミドが主成分の細胞間脂質があり、肌の潤いを閉じ込めたり、外部刺激から肌を守ってくれています。

 

乾燥肌には、このセラミドが不足していて、コメヌカスフィンゴ糖脂質は、植物性のセラミド様成分なので乾燥肌の改善にも役立てってくれます。

 

肌なじみもよく、植物性なので安心して使うこともできます。

米ぬか油配合の美容オイルで乾燥肌対策するならこの2点

米ぬか油を配合している、おすすめの美容オイルを紹介しましょう。

①HANAオーガニック アーユスオイル

HANAオーガニック アーユスオイル

オーガニックコスメの認定機関「エコサート」の認定基準に基いて開発されている国内オーガニックコスメブランド「HANAオーガニック」の美容液オイル「アーユスオイル」です。

 

インドの伝統療法 アーユルベーダでも使われるごま油を主成分に、お肌の乾燥を招く肌内部で起こっている微弱炎症を抑制してくれるブラックシードオイル、アーユルベーダやユナニ医学でも使われてきたモリンガ種子油などをブレンド。

 

この中に、コメ胚芽油をはじめ、ダマスクバラ花油、レモングラス油、ニオイテンジクアオイ油、イランイラン油、ビャクダン油、ツバキ油などが配合されていて、それぞれのオイルの相乗効果でお肌の乾燥を防いでくれます。

 

また、瞑想などにも使われるビャクダン油やリラックス効果の高いダマスクバラ花油などの香り成分が脳にも働きかけて、心身ともにリラックスさせてくれます。

 

ストレスや寝不足で乱れた自律神経のバランスを整えるのにも効果的です。皮脂不足のお肌にプラスαとして、マッサージで肌力を高めるオイルとして、おすすめできる美容オイルです。

※アーユスオイル付きのHANAオーガニック トライアルセットはもうすぐ発売開始

②coyori(コヨリ)美容液

コヨリ美容液オイル

化粧水の後は、これ1本で美容液や乳液、クリームの役割を果たしてくれるcoyori(コヨリ)美容液オイル

 

コメヌカ油、オリーブ油、ツバキ油、ユズ種子油を日本人の皮脂に近くなるようブレンドされていて、皮脂不足で乾燥気味のお肌におすすめです。

 

さらに、肌本来の機能を高めてくれる、和漢植物を20種類配合。オイル成分30%、和漢植物エキスの美容成分70%で作られていて、お肌に不要な成分は一切含まれていません。

 

オイルなのにべたつかないのも特徴で、朝のメイク前のスキンケアにもおすすめです。


ライスブランオイルの危険性

ライスブランオイル 危険性

ライスブランオイル(米ぬか油)には危険性があるという噂があります。

この噂の元になったのは、米ぬかから油を抽出する際に、「ノルマルヘキサン」という石油系の化学溶剤が使われていることからなのです。

ノルマルヘキサンで油分だけを溶かして抽出する方法です。

この製法で抽出されたライスブランオイルは、油分に含まれている豊富な栄養素がほとんどなくなってしまっています。

体にも有害とされているノルマルヘキサンですが、食品への使用も認められています。

ただし、最終的には、食品にノルマルヘキサンが残留しないことが条件になっています。

そのため、こうしたノルマルヘキサンを使って抽出されるライスブランオイルにも、最終的には残っていないので、危険性があるとは言い切れませんが、抗酸化力の強いビタミンEやトコトリエノールも極端に減少してしまうため、酸化に弱くなり、油の劣化も早くなります。

ライスブランオイルを選ぶときは、必ず圧搾方法で抽出された良質のオイルを選ぶようにしましょう。


ライスブランオイルの使い方

ライスブランオイル 使い方

ライスブランオイルは、1日大さじ1杯摂るだけで、1日に必要なビタミンEの摂取量の70%を摂ることができます。いつものオイルを米ぬか油に変えるだけで、気軽に摂取できます。

サラダのドレッシングとして

手作りのドレッシングはもちろん、塩と米ぬか油をかけるだけで、野菜を美味しく食べることができます。マリネのオイルにもおすすめ。

揚げ物、炒め物におすすめ

また、熱に強く、酸化しにくい特徴があるので、炒め物はもちろん揚げ物にも適しています。

 

調理した揚げ物も酸化しにくいので、品質もいい状態で保つことができますし、繰り返し油を使っても長持ちしやすいので経済的。

 

揚げ物をすると胸焼けするという「油酔い」の原因となっている物質が発生しにくいので、揚げ物をした後に食欲が落ちるということもありません。

ツヤのあるご飯が炊ける

お米を炊く時に少量入れると、ツヤのある炊きあがりになります。

お味噌汁やスープにちょっと入れて

気軽に米ぬか油を摂り入れることができて、味にもコクが出て美味しくなります。


まとめ

江戸時代ごろから米ぬか油やぬか漬けとして活用されてきた「米ぬか」から抽出される「ライスブランオイル」。

抗酸化力が高いため、美肌、エイジングケア効果にも期待できるオイルです。

普段使っているオイルをライスブランオイルに変えるだけで、体の内側からビタミンEを摂り入れることができて、美肌へ導いてくれます。

熱に強いため、さまざまな料理に使えますし、悪玉コレステロールを減少してくれる効果もあるので、ダイエットの大敵「揚げ物」も罪悪感なく食べることができますよ。


皮膚構造と同じラメラ構造だから1本で潤う
コンシダーマルスキンライズローション

お知らせ

春~夏の美白ケア特集

最新記事

カテゴリ

サイト情報

この内容で送信します。よろしいですか?